夜光杯雑記帳

小ネタが輝く、万華鏡のようなブログを目指します

京都検定1級用語集 百本ノック 0801~0900

[0801]桂離宮にあった5つの茶屋のうち最も東に位置し、対岸の古書院と向かい合い、白と藍染の加賀奉書を互い違いに配置した斬新な襖を持つ建物は【①】である。※竹林亭は現存しない。(2015)/桂離宮は、【八条宮智仁】親王と【智忠】親王の父子が造営したもので、市松模様の床の間がある建物を【①】という。(2018)/桂離宮に現存する茶屋は、【①】、【②】、【③】、【④】である。(2008)
[0802]祇園祭の山鉾のうち、左甚五郎作といわれる破風【蟇股】の彫刻や、円山応挙による屋根裏の草花図で知られるのは【 】である。(2007)
[0803]重要伝統的建造物群保存地区のうち、地区内に五重塔があるのは【 】である。(2009)/伝統的建造物群保存地区の制度ができる前、【 】は京都市の「特別保全修景地区」制度による最初の指定地区であった。※祇園新橋も指定されていた。(2011)
[0804]重要伝統的建造物群保存地区のうち、伊根町にあるのは【 】である。(2009)
[0805]京都府画学校を修了し「アレ夕立に」や「斑猫」などを描き、京都画壇を代表する画家となり第1回文化勲章を受けたのは【 】である。(2020)
[0806]【円山公園】の一重白彼岸枝垂桜は「祇園しだれ桜」とも呼ばれるが、その先代の桜と親木が同じとされるのは、井手町内にある【 】のシダレザクラである。(2021)
[0807]全国的にも知名度の高い日本酒製造業者が酒づくりを行ってきた地域は【 】である。(2012)
[0808]知恩院にある建造物で、今日では縁結びの神として親しまれているのは【 】である。※11月25日に護摩木を焚く法要が行われる。(2019)
[0809]後鳥羽上皇の勅命により元久2(1205)年に編さんされた【 】は、八代集の一つに数えられる勅撰和歌集である。(2005)(2021)
[0810]「応仁の乱勃発地」の石標が建つ神社は【①】である。(2006)(2008)/その神社の名物菓子である【②】は、疫病除けの煎餅としてふるまわれたのが起源といわれる。(2005)
[0811]山内容堂名による大政奉還建白書の提出を主導した土佐藩士は【 】である。(2017)
[0812]丹後地方に伝わる安寿姫と厨子王の説話を題材にした森鴎外の小説は【 】である。(2017)
[0813]旧制第三高等学校に学び、爆弾に見立てた果物を京都の書店に置く描写がある小説【 】を書いた人物は【 】である。(2016)(2022)
[0814]日本初の竪杭工法が採用された琵琶湖疎水の第一トンネルは、【 山】を貫いている。※大津市域から山科区域まで続く最長のトンネル。(2015)
[0815]「鳴き砂」で知られる京丹後市網野町の【 】は、2007年に天然記念物・名勝として指定された。※特別天然記念物特別名勝ではない(2007)
[0816]小説『花の生涯』に登場する村山たかが出家した寺院は【 】である。※NHK大河ドラマでは淡島千景が演じた。(2012)/与謝蕪村松尾芭蕉を偲んで再興した茶室や蕪村の墓がある寺院は【 】である。(2016)
[0817]聖徳太子ゆかりの七大寺の一つに数えられる広隆寺は、聖徳太子から賜った仏像を本尊として【①】が建立した寺院を起源とする。※七大寺のうち京都府内にあるのは広隆寺のみ。(2006)(2021)/彫刻として国宝指定第1号となった【②】は飛鳥時代の仏像である。※いわゆる「泣き弥勒」は国宝彫刻第50号。(2005)/世阿弥が書いた『風姿花伝』によれば、聖徳太子の命を受けて申楽を初めて上演した人物は【①】である。(2007)
[0818]修学院離宮の上離宮、中離宮、下離宮は松並木道でつながっており、上離宮には音羽川の水を引いて【 池】が造られている。(2018)
[0819]無鄰菴は【 】の別荘であり、7代目小川治兵衛が作庭した。(2018)
[0820]京都市右京区にある【小倉山】の東北麓に位置し、鳥辺野、蓮台野とともに葬送の地であったのは【 】である。(2013)
[0821]東福寺の開山となり、応長元(1311)年に日本初の国師号となる聖一国師の号を贈られたのは【 】である。(2019)
[0822]平安京の初代造営大夫は【 】である。(2009)(2011)
[0823]亀岡市内の神社で、足利尊氏が元弘3(1333)年に鎌倉幕府の倒幕を祈願し、挙兵した場所は【 】である。(2020)
[0824]随心院には小野小町が使ったとされる【 】があり、『都名所図会』にも記されている。(2016)
[0825]本堂に重要文化財聖徳太子像がある浄土真宗の寺院で、飛鳥時代に織られ江戸後期に法隆寺から贈られた太子ゆかりの蜀江錦の一種である「法隆寺裂」が2021年に見つかったのは【 】である。※真宗佛光寺派。(2021)
[0826]二条城は、徳川家康征夷大将軍の宣下を受ける際の宿泊所として、京都所司代【 】を総奉行として築かれた。(2010)(2014)
[0827]最澄が作ったとされる薬師如来を本尊とし、西行や平康頼が庵住した寺院は【 】である。(2022)
[0828]醍醐天皇の皇子であった源高明の邸宅の鎮守社を起源とし、後に後白河天皇の里内裏にもなり、真田幸村の「知恵の地蔵尊」があるのは【 】である。(2021)
[0829]知恩院が所蔵する国宝の「阿弥陀二十五菩薩来迎図」は、通称【 】と呼ばれる。(2012)
[0830]鞍馬寺は、鑑真の高弟であった【 】が宝亀元(770)年に毘沙門天をまつったことに由来する。(2021)
[0831]2023年の祇園祭の山一番は、前祭が【①】、後祭が【②】だった。(2006)(2007)(2022)
[0832]桂離宮の近くにある中村軒の名物菓子で、田植え時の間食として重宝されたものを【 】という。(2019)
[0833]中根金作が作庭した余香苑は、妙心寺塔頭の【①】にあり、水滴が落下する音を楽しむ【②】がある。(2012)/【①】が所有する国宝の水墨画【③】は、【④】が描いたものである。※京都国立博物館に寄託。(2006)(2011)
[0834]祇園祭の巡行に参加する山鉾の総数は【 基】である。※2023年7月時点。(2009)
[0835]『蜻蛉日記』の作者の夫で、京都市東山区にある大将軍神社の相殿にまつられているのは【 】である。(2017)
[0836]豊臣秀吉聚楽第に創建した神社とされる【 】は、江戸時代に遷座し、長らく二条城の西側にあったが、2012年に京都市左京区大原へ移転した。(2012)
[0837]北野天満宮にある神木で、立冬から立春前日までに初雪が降ると天神が降臨して雪見しながら詩を詠むという伝説が残るのは【 】である。※天神さまの七不思議の一つ。(2015)
[0838]醍醐山上に小堂宇を建立して准胝・如意輪の両観音を安置し、醍醐寺を創建したとされるのは【 】である。(2006)
[0839]天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王が身を清めた場所で、源氏物語の舞台ともなったのは【①神社】である。(2005)/黒木の鳥居や小柴垣のある神社が舞台となっている『源氏物語』の巻名を【②】という。(2012)
[0840]毎年秋に抹茶4流派による市民大茶会が行われ、香雲亭や和楽庵などがある二条城内の庭園を【 】という。※飲食提供事業者は公募で決める。(2011)
[0841]宇治田原町立川大道寺地区では、「鶴の子柿」という小ぶりの渋柿を柿屋で乾燥させ、【 】と呼ばれる干し柿を作る。(2023)
[0842]石清水八幡宮の神使は鳩、吉田神社の神使は【 】である。(2013)
[0843]【本阿弥光悦】、【近衛信尹】とともに【①】に数えられ、石清水八幡宮にゆかりの人物は【②】である。(2010)(2020)
[0844]祇園祭の粽に付けられる護符には、【牛頭天王】の故事にちなんで【 】と書かれている。(2008)
[0845]京都熊野神社の現在の本殿は、1835年に【 】の本殿を移築したものである。(2017)
[0846]文久2(1862)年に【①職】を拝命した【②藩】の藩主【③】は、配下の新選組を使って尊王攘夷運動を取り締まった。(2009)(2013)
[0847]【徳川家光】の次に上洛した将軍は【 】である。(2005)
[0848]銀閣寺の本堂前の庭園には、白砂を円錐台形にした【①】と、白砂で波紋を表現した【②】がある。(2010)(2017)
[0849]「弘法さん」との関係が深い名物菓子は【 】である。※「門前」では販売されていない。(2009)
[0850]五奉行の一人で、主に宗教政策を担当し、関ヶ原の戦いの後に初代丹波亀山藩主となったのは【 】である。(2018)
[0851]陰暦の6月16日に厄除招福を願って食べた菓子を【 】という。※和菓子の日の由来。(2018)
[0852]浄土庭園の代表例は、木津川市内にある【 】の庭園で、史跡・特別名勝に指定されている。※特別史跡ではない。(2012)/京都府内最古の三重塔は【 】にあり、国宝である。(2017)
[0853]2005年、落語の祖といわれる【 】の2代目襲名があり、約300年ぶりの大名跡復活となった。※2009年死去。(2005)
[0854]西国三十三所の第29番札所は【 】である。(2007)/美福門院の念持仏とされる国宝の普賢延命菩薩像を所蔵するのは【 】である。(2017)
[0855]宇治七名水のうち唯一残っているのは、宇治上神社に湧く【 】である。(2018)
[0856]大原の天台声明の道場を起源とする寺院で、融通念仏の宗祖良忍により再興され、薬師・釈迦・阿弥陀の三尊を本尊とするのは【 】である。(2009)
[0857]「市屋道場」とか「一夜道場」と呼ばれる寺院で、重要文化財の「遊行上人絵巻」を所蔵するのは【 】である。(2022)
[0858]祇園祭が官祭から町衆の祭礼へと変化していったことは、『祇園執行日記』に「神事コレ無クトモ、【 】渡シタキ事ヂヤケニ候」と書かれていることからもうかがえる。(2006)
[0859]火伏・防火の神として知られる愛宕神社は、かつては本殿に本地仏の【①】をまつっていた。(2015)/神仏分離の際、愛宕神社の【①】は、小塩山の中腹にある【②寺】に移された。(2017)
[0860]大徳寺塔頭の三玄院にある「八方睨みの虎」の襖絵は【 】が描いたものである。※石田三成墓所。通常非公開。(2023)
[0861]【日野富子】の木像がある尼門跡寺院は【 】である。※臨済宗。(2017)/その寺院に立つ人形塚には【 】の歌碑がある。(2012)
[0862]観阿弥世阿弥親子は、演技主体の猿楽能に【■■能】の歌舞や曲舞のリズムを取り入れ、夢幻能の様式を作り上げた。(2010)
[0863]下鴨神社上賀茂神社の直近の式年遷宮は、【 年】に行われた。(2008)
[0864]詩仙堂は、正しくは【①】と呼ばれ、徳川家康の家臣であった【②】が建てた住居に由来する。※曹洞宗。(2011)(2017)(2023)
[0865]キリスト教宣教師として来日したアメリカ人で、同志社大学アーモスト館、大丸ヴィラ、東華菜館を設計したのは【 】である。(2019)
[0866]三条仏所の始祖で、広隆寺が所蔵する国宝の十二神将立像を作ったのは【 】である。※定朝の弟子。(2006)
[0867]文久3(1863)年、将軍後見職徳川慶喜が宿所としたのは【 藩】の藩邸である。※酒井家の藩邸。将軍として二条城に入るまでの約4年を過ごした。(2021)
[0868]千利休が師事したとされる茶人は【 】である。(2006)/村田珠光を継承した【 】は四畳半より小さい茶室を考案している。(2022)
[0869]「若冲筆投げの間」と呼ばれる方丈がある寺院は【 】である。(2016)
[0870]石清水八幡宮は、貞観元(859)年に南都大安寺の【 】が豊後の宇佐神宮から八幡大神を勧請したのが起源である。(2017)(2021)
[0871]三蹟のうちの一人で、本能寺が所蔵する国宝の「本能寺切」と呼ばれる書巻を書いたのは【 】である。※他の三蹟小野道風と藤理佐理。京都鳩居堂が所蔵する「仮名消息」(古文書)も国宝。「白氏詩巻」も国宝だが京都府内にはない。(2006)
[0872]下鴨神社の境内にある社叢を【 】という。(2020)
[0873]泉涌寺にある重要文化財の「聖観音像」は、玄宗皇帝が寵妃の面影を写させたとの伝承を生み、江戸時代初め頃から【 】と呼ばれている。(2009)
[0874]8月7日から10日にかけて【 】で陶器祭が行われ、8日には陶器神輿が巡行する。(2008)(2013)
[0875]京都市考古資料館として使用されている建物は西陣織物館として建てられたものであるが、設計したのは【 】である。(2015)
[0876]毎年6月下旬に開催される京都五花街の合同公演を【 】という。※最終土日の開催が多い。(2007)
[0877]唐から伝来した散楽や日本古来の諸芸が交じり合い、後に能や狂言に発展したのは【 】である。(2008)
[0878]平安時代織部司が置かれた地で織られ、現在の西陣織の基礎ともなった鎌倉時代ごろの先染めの絹織物を【 】という。(2011)
[0879]鳥羽法皇崩御直後、後白河天皇とその兄【①】との争乱を【②】という。(2014)(2020)
[0880]多くの京町家に見られる建築構造で、外壁面に柱が露出しているものを【 】という。(2015)
[0881]祇園甲部では、4月に「都をどり」、10月に【 】を開催する。(2007)(2011)(2023)
[0882]天神川は京都市北区鷹峯に源を発し、北野天満宮の付近から上流を【①川】と呼び、下流を天神川と呼ぶことが一般的であるが、その呼称は平安時代の図書寮の別称【②院】に由来する。(2020)
[0883]宗近と甲野が登山する場面から始まる小説【 】を書いたのは【 】である。(2007)
[0884]蹴上発電所の電力を動力源とした傾斜鉄道は【①】と呼ばれた。(2009)/【①】の下をくぐり、らせん状にレンガが積まれたトンネルは【②】と呼ばれる。(2011)
[0885]修験道霊場であった山で、元弘の乱の際に後醍醐天皇が行在所としたのは【 】である。※史跡・名勝指定。(2021)
[0886]応仁の乱が起こったときの将軍は【 】である。(2008)
[0887]二条城の南にある重要文化財の住宅で、諸大名の宿泊施設として利用されたのは【 】である。(2022)
[0888]琵琶湖疎水の建設工事中に行われたアメリカ視察がきっかけとなり、【 】の実用化を図ることになった。※視察したのは田邉朔郎と高木文平。(2007)
[0889]「春はあけぼの」で始まる随筆【①】を書いたのは【②】である。(2006)(2007)/【②】は晩年を【③寺】の近くで過ごしたとも伝わり、「夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」という歌を刻んだ石碑が【③寺】にある。(2010)(2016)(2023)
[0890]重要伝統的建造物群保存地区のうち、京都市北区にあるのは【①】である。(2009)/その地区には【②川】が流れており、社家の庭園はその水を引き入れている。(2021)
[0891]時代祭の江戸時代婦人列には、孝明天皇の妹で将軍【徳川家茂】に嫁した【 】らが登場する。(2006)
[0892]京町家の小屋根によく設置されるのは、鬼に強いとされる【 】の置物である。(2016)
[0893]梁などを支える寺社建築の部材で、装飾として使われることもあるものを【 】という。(2013)
[0894]慶長6(1601)年、徳川家康は伏見に銀貨の鋳造所を設けたが、銀座役人を世襲した家名を【 】という。※江戸の銀座より早い。(2020)
[0895]大徳寺塔頭のうち、三千家菩提寺は【 】である。(2020)
[0896]後祭の山鉾巡行の最後尾を務めるのは【 】であるが、蛤御門の変により焼失して長らく休み鉾となっていた時期がある。(2005)(2008)(2010)
[0897]小堀遠州が作庭した特別名勝の庭園があるのは、南禅寺塔頭の【 】である。(2007)
[0898]藤原定家の歌「忍ばれむ 物ともなしに 【①】 軒端の松ぞ なれてひさしき」にちなんで軒端寺とも呼ばれる寺院は【②】である。(2005)(2007)
[0899]知恩院の【瓜生石】には、【 】が降臨して一夜にして瓜が実ったという伝説があり、また、二条城へ続く抜け道の出入口とも言われる。(2016)
[0900]「京都美術協会雑誌」の編集者を務め、画家・図案家として琳派を継承しつつ近代デザインの先駆者となったのは【 】である。(2023)

[0801]①松琴亭/②賞花亭/③笑意軒/④月波楼
[0802]月鉾
[0803]産寧坂
[0804]伊根浦
[0805]竹内栖鳳
[0806]地蔵禅院
[0807]伏見
[0808]濡髪大明神
[0809]新古今和歌集
[0810]①上御霊神社/②唐板
[0811]後藤象二郎
[0812]山椒太夫
[0813]①檸檬(レモン)/②梶井基次郎
[0814]長等山
[0815]琴引浜
[0816]金福寺
[0817]①秦河勝/②弥勒菩薩半跏(思惟)像
[0818]浴龍池
[0819]山県有朋
[0820]化野
[0821]円爾
[0822]藤原小黒麻呂
[0823]篠村八幡宮
[0824]化粧井戸
[0825]佛光寺
[0826]板倉勝重
[0827]雙林寺
[0828]高松神明神社
[0829]早来迎
[0830]鑑禎
[0831]①山伏山/②浄妙山
[0832]麦代餅
[0833]①退蔵院/②水琴窟/③瓢鮎図/④如拙
[0834]34基
[0835]藤原兼家
[0836]出世稲荷神社
[0837]影向松
[0838]聖宝
[0839]①野宮神社/②賢木
[0840]清流園
[0841]古老柿
[0842]鹿
[0843]①寛永の三筆/②松花堂昭乗
[0844]蘇民将来之子孫也
[0845]下鴨神社
[0846]①京都守護職/②会津藩/③松平容保
[0847]徳川家茂
[0848]①向月台/②銀沙灘
[0849]どら焼
[0850]前田玄以
[0851]嘉祥菓子
[0852]浄瑠璃寺
[0853]露の五郎兵衛
[0854]松尾寺
[0855]桐原水
[0856]来迎院
[0857]金光寺
[0858]山鉾
[0859]①勝軍地蔵/②金蔵寺
[0860]原在中
[0861]①宝鏡寺/②武者小路実篤
[0862]田楽能
[0863]2015年
[0864]①凹凸窠/②石川丈山
[0865]ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
[0866]長勢
[0867]若狭小浜藩
[0868]武野紹鷗
[0869]海宝寺
[0870]行教
[0871]藤原行成
[0872]糺の森
[0873]楊貴妃観音
[0874]五条坂
[0875]本野精吾
[0876]都の賑い
[0877]猿楽
[0878]大宮絹
[0879]①崇徳上皇/②保元の乱
[0880]真壁造
[0881]温習会
[0882]①紙屋川/②紙屋院
[0883]①虞美人草/②夏目漱石
[0884]①インクライン/②ねじりまんぽ
[0885]笠置山
[0886]足利義政
[0887]小川家住宅
[0888]水力発電
[0889]①枕草子/②清少納言/③泉涌寺
[0890]①上賀茂/②明神川
[0891]和宮
[0892]鐘馗
[0893]蟇股
[0894]大黒常是
[0895]聚光院
[0896]大船鉾
[0897]金地院
[0898]①小倉山/②常寂光寺
[0899]牛頭天王
[0900]神坂雪佳

目次に戻る