夜光杯雑記帳

小ネタが輝く、万華鏡のようなブログを目指します

京都検定1級用語集 百本ノック 0801~0850

[0801]3月最終日曜日に随心院で行われる行事を【 】という。(2016)
[0802]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、くくりの模様が子鹿の斑点に似ているところから【 】と呼ばれる。(2006)(2022)
[0803]明智光秀が最期を遂げた場所とされる明智藪は、京都市伏見区の【 】にある。(2015)(2019)
[0804]地球温暖化防止京都会議(COP3)では【 】が採択された。※1997年。(2007)
[0805]明治42(1909)年に映画初主演し日本初の映画スターといわれた【 】は、「目玉の松ちゃん」の愛称で親しまれた。(2013)
[0806]平安神宮の祭神は、桓武天皇と【 】である。(2005)/松平容保をあつく信頼した天皇は【 】である。(2013)
[0807]醍醐山上に小堂宇を建立して准胝・如意輪の両観音を安置し、醍醐寺を創建したとされるのは【 】である。(2006)
[0808]大将軍八神社は、小説『天地明察』の主人公である【 】が作った天球儀などを所蔵する。(2012)/碁所であった京都の安井家に生まれたが、「貞享暦」を作った功績で幕府の初代天文方となったのは【 】である。(2023)
[0809]徳川家康が二条城を造営した当初の目的は【上洛時の■■】である。(2011)
[0810]三千家のうち、千宗旦三男の江岑宗左に始まり茶室【不審菴】を継承してきたのは【 】である。(2006)
[0811]「雪駄ちゃらちゃら魚棚、六条三哲とおりすぎ、七条こえれば八、九条、十条、【 】でとどめさす。」(2005)/「弘法さん」の縁日が行われるのは【 】である。(2009)/「都七福神まいり」の社寺のうち、毘沙門天をまつるのは【 】である。(2010)/「不開門」と呼ばれる重要文化財の東大門は【 】にある。(2014)
[0812]第3代京都府知事の北垣国道は、京都の復興を図る百年の計として、大津三保ケ崎から京都蹴上に至る【 】を開削した。(2010)(2013)/7代目小川治兵衛が作庭した岡崎南禅寺界隈の別荘の庭園は【 】から水を引き込んでいる。(2018)
[0813]【円山公園】には、「月はおぼろに東山」で始まる【 】の歌詞を刻んだ石碑がある。(2019)
[0814]ある僧侶が菜の葉と塩を黒豆にまぶしたものを参詣聴聞者にふるまったのが始まりとされる豆菓子は【 】である。※僧侶の名は真盛/豊臣秀吉は「茶味に適す」と賞賛し、細川幽斎は「苔のむす豆」と評した。(2020)
[0815]かつて「幻の都」と呼ばれた長岡京の解明に業績を残し、長岡京市内の記念館でその功績が紹介されている人物は【 】である。※長岡宮跡は向日市内。(2017)
[0816]2月23日に醍醐寺金堂で行われる行事で、金堂前では大鏡餅を抱え上げる時間を競う奉納餅上げ大会が行われるのは【 】である。(2008)
[0817]応仁の乱が起こったときの将軍は【 】である。(2008)
[0818]大徳寺塔頭【孤篷庵】にある重要文化財の茶室【 】は、十二畳からなる書院風の茶室で、縁先の障子の下は吹き放ちになっている。(2008)/大徳寺塔頭【孤篷庵】の【 】は小堀遠州の設計で、近くに置いた「露結の手水鉢」と寄燈籠、少し離れた書院直入軒の庭とを視覚的に結びつけている。(2022)
[0819]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、金物の接合道具を使わずに家具や茶道具を作るものを【 】という。(2005)(2006)(2016)
[0820]西陣聖天とも呼ばれる雨宝院の本堂前の八重桜は根元から花が咲き、【 】と呼ばれる。(2016)
[0821]重要伝統的建造物群保存地区のうち、与謝野町にあるのは【 】である。(2009)
[0822]「都七福神まいり」の社寺のうち、ゑびす神をまつるのは【 】である。(2010)
[0823]豊臣秀吉による都市改造の一つは、【 橋】の架設である。(2005)/時代祭行列が鴨川を渡る時に通るのは【 橋】である。(2015)
[0824]小倉百人一首のうち、名古曽滝を題材とした和歌を詠んだのは【 】である。(2018)
[0825]立花とは異なり、私的な場における非定型の簡略な花であったものを【 】という。(2014)
[0826]西国三十三所のうち、第11番札所は【 】である。(2007)
[0827]自筆本が国宝となっている歌論書『古来風躰抄』を書いたのは【 】である。※冷泉家時雨亭文庫が所蔵。(2017)
[0828]「京都府の鳥」に指定され、舞鶴市の冠島が繁殖地として知られるのは【 】である。(2009)
[0829]1月9日から16日まで、西本願寺親鸞聖人をしのんで行われる法要を【 】という。※東本願寺報恩講は旧暦に従い11月。(2017)
[0830]「弘法さん」の縁日が行われる日は【毎月■■日】である。(2009)
[0831]寛永5(1628)年に再建された南禅寺の三門は、【 】の寄進によるものである。(2005)
[0832]初代の京都大工頭として二条城の建設工事を指図したのは【 】である。※江戸城名古屋城仁和寺金堂(もとは御所の紫宸殿)なども手がけた。(2018)
[0833]京都市西京区にあり、日本文化を国際的な視野で学際的かつ総合的に研究する機関は【 】である。(2008)
[0834]上賀茂神社の門前で売られている名物菓子を【 】という。※販売店は複数あり、見た目と味わいが異なる。(2010)
[0835]7月の土用の丑の日下鴨神社で行われる行事で、「足つけ神事」とも呼ばれるのは【 】である。(2005)(2020)
[0836]足利義満を補佐する管領であった【 】が創建した地蔵院には、「十六羅漢の庭」と呼ばれる枯山水庭園がある。※上京区の同名寺院との混同注意。(2015)
[0837]慶応3(1867)年12月に徳川家の処遇を決定した会議を【 】という。(2007)
[0838]「くじ取らず」の山鉾のうち、後祭の10番は【 】である。(2008)/2004年に大船鉾が復興し、2022年には【 】が復興した。(2015)(2019)
[0839]下賀茂社下鴨神社の正式名称を【 】という。(2008)(2013)
[0840]仁和寺の御室御殿の北側にある茶室「飛濤亭」は【光格天皇】遺愛の席、「遼廓亭」は【 】の屋敷から移したとも伝わる。(2014)
[0841]平安京の内裏は焼失と再建を繰り返したが、安貞元(1227)年の焼失後は再建されず、その跡地は荒廃して【 】と呼ばれるようになっていたところ、天正15(1587)年に豊臣秀吉聚楽第を造営した。(2012)
[0842]6月1~2日に平安神宮で行われる伝統芸能の公演を【 】という。(2005)(2012)(2021)
[0843]江戸在住者の視点で京都見聞録『見た京物語』を書いたのは【 】である。※1781年時点で京都は「田舎」との評価。(2017)
[0844]源頼朝に「日本国第一の大天狗」と評された【 】は、芸能を好んだことで知られ、今様を集めた【梁塵秘抄】を編さんした。(2009)
[0845]平安京のように大内裏を北端に置く都市を【 】という。(2022)
[0846]茶事における懐石料理の献立の構成は、【 】を基本とする。(2011)
[0847]七条大宮仏所を作り院派の祖となった仏師は【 】である。※七条仏所との混同注意/諸説あるが定朝の縁者。(2018)
[0848]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、能装束を始め、南座など全国の大劇場の緞帳や横綱の化粧まわしにも使われているものは【 】である。(2006)(2012)
[0849]比叡山から如意ケ岳にかけての山麓を源流とする白川は祇園の花街を流れ、6月の第1日曜日に祇園放生会が【 橋】で行われる。(2020)
[0850]永禄8(1565)年、三好義継・三好三人衆・松永久通の軍勢に襲撃され、殺害された室町幕府13代将軍は【 】である。(2020)

[0801]はねず踊り
[0802]京鹿の子絞
[0803]小栗栖
[0804]京都議定書
[0805]尾上松之助
[0806]孝明天皇
[0807]聖宝
[0808]渋川春海(安井算哲)
[0809]上洛時の宿所
[0810]表千家
[0811]東寺
[0812]琵琶湖疎水
[0813]祇園小唄
[0814]真盛豆
[0815]中山修一
[0816]五大力尊仁王会
[0817]足利義政
[0818]忘筌席
[0819]京指物
[0820]歓喜
[0821]加悦
[0822]恵比須神社
[0823]三条大橋
[0824]藤原公任
[0825]抛入花
[0826]上醍醐准胝堂(醍醐寺
[0827]藤原俊成
[0828]オオミズナギドリ
[0829]御正忌報恩溝
[0830]毎月21日
[0831]藤堂高虎
[0832]中井正清
[0833]国際日本文化研究センター
[0834]やきもち(葵餅)
[0835]御手洗祭
[0836]細川頼之
[0837]小御所会議
[0838]鷹山
[0839]賀茂御祖神社
[0840]尾形光琳
[0841]内野
[0842]京都薪能
[0843]二鐘亭半山
[0844]後白河法皇
[0845]北闕型都市
[0846]一汁三菜
[0847]院助
[0848]西陣
[0849]巽橋
[0850]足利義輝

目次に戻る

京都検定1級用語集 百本ノック 0701~0800

[0701]本尊は重要文化財十一面千手観音坐像、重要文化財の供水所が最古の閼伽井屋の遺構であるのは【 】である。(2007)/久寿元(1154)年創建とされる本山修験宗の寺院は【 】で、推定樹齢1200年ともいわれる「花背の三本杉」は御神木とされる。(2021)
[0702]永観堂の七不思議の一つは、【 松】である。(2015)
[0703]『宇治拾遺物語』によれば、「京の台所」の錦小路は、当初【 】と呼ばれていた。(2005)(2022)
[0704]随心院には小野小町が使ったとされる【 】があり、『都名所図会』にも記されている。(2016)
[0705]松平容保会津藩の本陣を置いた寺院は【 】である。(2013)(2020)/法然が腰かけたとされる紫雲石がある西雲院は【 】の塔頭である。(2013)
[0706]『東海道中膝栗毛』には、「商人のよき衣きたるは他國に異にして、京の【 】の名は、益西陣の織元より出」と書かれている。(2008)
[0707]かつて白峯神宮の地に邸宅があり、蹴鞠と和歌の宗家だったのは【 家】である。(2005)
[0708]京の六地蔵めぐりのうち、伏見六地蔵をまつるのは【 】である。(2011)
[0709]妙心寺塔頭で、東睦宗補が作庭した「東海一連の庭」が名勝・史跡となっているのは【 】である。※特別名勝特別史跡ではない。(2021)
[0710]「春はあけぼの」で始まる随筆を書いたのは【 】である。(2006)(2007)/泉涌寺にある石碑に刻まれた「夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」の歌を詠んだのは【 】で、晩年を泉涌寺の近くで過ごしたとも伝わる。(2010)(2016)
[0711]福知山市内の神社で、明智光秀をまつるのは【 】である。(2019)
[0712]銀閣寺にある国宝の【東求堂】の中にあり、付書院や違い棚などを持つ四畳半の部屋を【 】という。(2006)(2012)
[0713]黄檗僧の高遊外は、東山に「通仙亭」を設けて煎茶の普及に努めたことから【 】と呼ばれた。(2014)
[0714]第3回内国勧業博覧会に出品した「四季美人図」で画名を高めた【 】は、昭和23(1948)年、女性初の文化勲章を受章した。(2008)
[0715]毎年6月、京都五花街の合同公演【 】が開催される。(2007)
[0716]祇園甲部は井上流、宮川町は【 流】、先斗町は【尾上流】、上七軒花柳流祇園東は藤間流である。(2011)
[0717]7月15日から24日までの期間のみ開放される烏丸通に面する井戸を【 】という。(2022)
[0718]仙洞御所は、後水尾天皇上皇となった際に造営されたもので、初期の庭園は【 】が作庭したが、後に後水尾上皇によって大きく改変され、安政元(1854)年に御所は焼失し、現在は茶室と庭園が残っている。(2018)
[0719]始業式では、芸舞妓は黒紋付を着て【 】の付いた花簪を挿す。(2006)
[0720]現在の京都御所の前身となった里内裏は【 】である。(2007)
[0721]大国主命の故事にちなみ、境内の大国社の前に石造の狛鼠がある神社は【 】である。※本殿前は狛犬。(2018)
[0722]東福寺の歩廊橋のうち、本堂、方丈、開山堂を結んで架かる【 】は、紅葉の名所である。※臥雲橋と偃月橋の間にある/眼下の渓谷は洗玉潤。(2012)
[0723]8月16日午後8時から、大文字、妙法、船形、左大文字の順に点火され、最後は曼荼羅山に【 】がともされる。(2008)
[0724]呉春を祖とする画派を【 】という。(2013)
[0725]牛若丸(源義経)が奥州に出発する時に道中の安全を祈願したとされる神社は【 】である。※承安4(1174)年。(2011)(2012)
[0726]京都府の勧業政策の一つとして花街にも設立され、現在は祇園で芸事や習い事を教えるための法人組織となっているものを【 】という。※学校名は祇園女子技芸学校。(2015)
[0727]日本初となる竪杭工法が採用された琵琶湖疎水の第一トンネルは、【 山】を貫いている。※大津市域から山科区域まで続く最長のトンネル。(2015)
[0728]旧制第三高等学校で学んだ【 】の小説『檸檬』には、「私」が爆弾に見立てたレモンを京都の書店に置くという描写がある。(2022)
[0729]京の六地蔵めぐりのうち、山科地蔵をまつるのは【 】である。(2011)
[0730]東寺の建物のうち、立体曼荼羅があるのは【 】である。(2023)
[0731]花街の新年準備は12月13日の【 】から始まる。(2006)
[0732]銀閣寺にある国宝建造物のうち、付書院や違い棚を備えた四畳半の【同仁斎】があるのは【 】である。※もう一つの国宝建造物は「銀閣」。(2014)
[0733]2月11日の前後4日間に初午大根焚きが行われる寺院は【 】である。(2015)
[0734]役行者が草創し空海が再興したとされる寺院で、境内には修験道にちなむ伝承地があり、歌舞伎十八番の一つ「鳴神」の舞台となったのは【 】である。(2021)
[0735]東福寺の開山となり、応長元(1311)年に我が国初の国師号となる聖一国師の号を贈られたのは【 】である。(2019)
[0736]祇園祭の山鉾のうち、左甚五郎作といわれる破風【蟇股】の彫刻や、円山応挙による屋根裏の草花図で知られるのは【 】である。(2007)
[0737]渉成園のほぼ中央に位置し、左右側面に山廊をおき、高欄付きの階段と屋根を上層に向かって架けた外観が特徴的な2階建ての建物は何か。
[0738]一休宗純が中興して晩年を過ごし、「一休寺」とか「薪の一休寺」と呼ばれる寺院の寺号は【 】である。(2014)
[0739]応仁の乱で東軍を率いた守護大名は【 】である。(2008)/龍安寺「西の庭」の廟堂にある木像は、1473年に亡くなった【 】をまつるものである。(2022)
[0740]安永9(1780)年に刊行された【都名所図会】は、京都とその周辺の名所や史跡を【 】が竹原春朝斎の挿絵付きで解説している。(2011)(2018)
[0741]芝ヶ原古墳は【 市】にある日本最古級の前方後円墳で、出土品は重要文化財に指定されている。(2020)
[0742]嫁いで行く娘に本阿弥光悦が与えたと伝わる国宝の白楽茶碗の銘を【 】という。(2021)
[0743]山伏山の御神体のモデルとされるのは【 】である。(2014)/八坂塔の名称で親しまれる法観寺五重塔が傾いた際、【 】が法力で立て直したという伝説がある。(2017)
[0744]祇園祭の山鉾のうち、金の烏帽子をかぶり大長刀を持つ女人姿の御神体をまつり、その背後の松に付けられた絵馬が巡行後に盗難除けの護符として授与されるのは【 】である。(2015)
[0745]【藤森神社】の本殿にまつられる祭神のうちの一柱が【 皇后】である。(2014)/祇園祭の船鉾では、7月3日に「神面改め」が行われるが、この神面をつける御神体は【 皇后】である。(2015)
[0746]斎藤道三の書状と伝わる「美濃一国譲り状」を所蔵するのは【 】である。(2020)/狩野派歴代の墓がある日蓮宗の寺院は【 】である。(2021)
[0747]相国寺塔頭の慈照院には、ある動物が千利休の孫に化けて上手なお点前を見せたという伝説が伝わるが、この動物を【 】という。(2013)
[0748]初代海軍大臣を務めた人物で、琵琶湖疎水の第2トンネル西口の扁額に書かれている「随山到水源」の字句を揮毫したのは【 】である。※東口は井上馨の「仁以山悦智為水歓」。(2020)
[0749]京都五山を整備し南北朝の合体を実現するなど、幕府の全盛を築いた。室町幕府の将軍は【 】である。(2007)/応永6(1399)年の応永の乱で大内義弘に勝利し、室町幕府をより盤石なものにした将軍は【 】である。(2023)/観阿弥世阿弥親子の新熊野神社での公演を観た室町幕府3代将軍【 】は、世阿弥を庇護した。(2005)(2010)
[0750]応仁の乱で「西陣」の名の由来となる西軍を率いた守護大名は【 】である。(2008)(2010)(2015)
[0751]石清水八幡宮の門前名物菓子は【 】である。(2021)
[0752]明治41(1908)年、千本一条上る東側にあった芝居小屋「千本座」の経営者の【 】が監督として「本能寺合戦」を撮影し、それが日本初の時代劇映画となった。(2008)(2013)(2019)
[0753]祇園甲部の紋章は【■個の■■■■■に■の字】である。(2023)
[0754]神泉苑で行われた祈雨の法会で西寺の僧・守敏と法力を競い、勝利したと伝わる東寺の僧は【 】である。(2019)
[0755]現在の二条城には、徳川家光の時代の拡張工事で造られた国宝の二の丸御殿と、現在の京都御苑の北側部分にあった【 】を明治26(1893)年に移築した重要文化財の本丸御殿が残っている。(2013)
[0756]寛政期に行われた京都御所の造営は、有職故実家【 】が書いた『大内裏図考証』に基づき古式復元が重視された。(2010)
[0757]重要伝統的建造物群保存地区のうち、京都市北区にあるのは【 】である。(2009)
[0758]八幡山が所蔵する祇園祭礼図の屏風を描いたのは【 】である。※友松の子。(2018)
[0759]「賀茂の厳神」に対し、松尾大社は「松尾の■■」といわれる。(2015)
[0760]京都府内の伝統的工芸品等のうち、奈良時代に大陸から伝わったもので、金属の生地に色の異なった金属をはめ込み、それぞれの色彩や隆起などで模様を表現するものを【 】という。※経済産業大臣が指定した伝統的工芸品ではない。(2013)
[0761]京都市内の重要伝統的建造物群保存地区は、産寧坂、【 】、嵯峨鳥居本、上賀茂の4地区である。(2005)(2009)
[0762]京都南座の「吉例顔見世興行」で掲げられるまねき看板が書かれる場所となっている寺院は【 】である。(2022)
[0763]番組小学校には、火事の発見や時刻を知らせるために【 】があったが、現在は元有済小学校校舎の屋上に唯一現存し、国の登録有形文化財になっている。(2019)
[0764]本阿弥光悦が作庭したとされる「三巴の庭」がある寺院は【 】である。(2010)
[0765]重要伝統的建造物群保存地区のうち、伊根町にあるのは【 】である。(2009)
[0766]五摂家のうちの一つで、禁門の変蛤御門の変)では、久坂玄瑞らの長州藩士が朝廷へ嘆願するために立てこもり、現在は京都御苑の堺町御門の北側にあった邸宅跡地に石柱が立つのは【 家】である。(2015)
[0767]京都に煎茶を普及させ、【売茶翁】とも呼ばれた黄檗僧は【 】である。(2007)
[0768]平安時代令外官として設置され、治安警護を担当し、民事から行政まで関与したのは【 】である。(2023)
[0769]聖武天皇の勅願で良弁が創建した寺が始まりとされ、国宝の五重塔がある【 】は、【都名所図会】には概ね現在と同じ寺観が描かれている。(2005)(2015)
[0770]五条寺を2つに分けて弟子に相続させたことに由来するともいわれる地名は【 町】である。※他説あり。(2019)
[0771]現在の宮津市出身で、西洋医学を学んだ後、天保10(1839)年に医学校の順正書院を開設したのは【 】であり、その建物は現在、湯豆腐店となっている。(2019)
[0772]スポーツの日の前日に当たる日曜日に秋元神社で行われる【 】は、室町時代の風流踊りに起源を持ち、「切子灯籠」を頭に乗せた女装の少年たちや踊り子の少女たちによって奉納される。(2018)
[0773]保元の乱で争った後白河天皇の兄は【 】である。(2014)
[0774]【光格天皇】の父でである閑院宮典仁親王、明治時代に【 天皇】の尊号を追号された。(2019)
[0775]醍醐寺三宝院の庭園は豊臣秀吉の作庭と伝えられ、庭の中心には天下の名石といわれる【 】がある。(2014)
[0776]京都の三大念仏狂言は、壬生寺の「壬生大念仏狂言」、【引接寺】の【 】、【清凉寺】の「嵯峨大念仏狂言」である。(2010)
[0777]「天神さん」の縁日が行われのは【 】である。(2009)
[0778]本堂に重要文化財聖徳太子像が安置されている浄土真宗の寺院で、飛鳥時代に織られ江戸後期に法隆寺から贈られた太子ゆかりの蜀江錦の一種である「法隆寺裂」が2021年に見つかったのは【 】である。(2021)
[0779]11月1日に護王神社で行われる亥子祭は宮中の儀式に由来するが、その儀式を【 】という。(2014)
[0780]現在の今出川通は、中世の【 】に概ね該当する。(2016)
[0781]7代目小川治兵衛の屋号は【 】である。
[0782]桂離宮の造営を始めたのは【 】である。(2008)
[0783]法師が木に登って賀茂の競馬を見物する情景が書かれている文学作品は、【吉田兼好】の【 】である。(2010)
[0784]五花街ごとに芸舞妓がそろって顔見世を鑑賞する行事を【 】という。(2008)(2010)
[0785]豊臣秀吉が生涯の最後に築城した京都新城の遺構が2020年に出土したが、その場所は京都御苑内の【 】である。(2020)
[0786]「くじ取らず」の山鉾のうち、前祭の1番は【 】である。(2008)/2016年に【伊藤若冲】の原画をもとに見送を新調したのは【 】である。(2016)
[0787]神護寺には、空海が唐から請来したものを手本に書写したとされる、日本現存最古の両界曼荼羅図である【 】が伝えられており、国宝に指定されている。(2012)
[0788]後水尾天皇の与えた勅許が禁中並公家諸法度に違反するとして徳川家光が無効とした結果、天皇が譲位するに至った事件を【 】という。(2006)(2015)
[0789]「都七福神まいり」の社寺のうち、福禄寿をまつるのは【 】である。(2010)
[0790]三条通沿いの御幸町通麩屋町通の間には【 石】がある。(2008)
[0791]醍醐天皇の皇子である源高明の邸宅、後に後白河天皇の里内裏となったところの鎮守社で、「真田幸村の知恵の地蔵尊」があるのは【 】である。(2021)
[0792]服部宗巴・宗碩父子を継ぎ、明治以降は観世流宗家と親族関係となり、関西の観世流の総支配人的な役割を担っているのは【 家】である。(2007)
[0793]たらしこみ技法を考案した俵屋宗達を祖とする画派を【 】という。(2005)/本阿弥光悦などを祖とする画派を【 】という。(2010)
[0794]上賀茂神社で、重陽の神事に引き続いて、二の鳥居内の細殿前庭で行われる祭事を【 】という。(2005)
[0795]藤原道長が書いた日記で、近衛家の【陽明文庫】が所蔵し、国宝に指定され、ユネスコの「世界の記憶」にも登録されているのは【 】である。(2019)
[0796]お祝いの1割程度を返礼する京都のならわしを【 】という。(2005)(2019)
[0797]京の町家の内部の「通り庭」や「走り庭」と呼ばれる通路の中ほどに設けられる半間ほどの板や衝立を【 】という。(2010)(2015)
[0798]伊藤仁斎が自宅に開いた私塾を【 】といい、その遺跡は史跡に指定されている。※特別史跡ではない。(2009)(2019)
[0799]国人や農民が協力して畠山氏を排除し、文明17(1485)年から約8年間自治を行ったことを【 】という。(2016)
[0800]大宝元(701)年に松尾大社を創建したのは【 】である。(2015)

[0701]峰定寺
[0702]三鈷松
[0703]具足小路
[0704]化粧井戸
[0705]金戒光明寺
[0706]着たをれ
[0707]飛鳥井家
[0708]大善寺
[0709]東海庵
[0710]清少納言
[0711]御霊神社
[0712]同仁斎
[0713]売茶翁
[0714]上村松園
[0715]都の賑い
[0716]若柳流
[0717]御手洗井
[0718]小堀遠州
[0719]稲穂
[0720]土御門東洞院殿
[0721]大豊神社
[0722]通天橋
[0723]鳥居形
[0724]四条派
[0725]首途八幡宮
[0726]八坂女紅場学園
[0727]長等山
[0728]梶井基次郎
[0729]徳林庵
[0730]講堂
[0731]事始め
[0732]東求堂
[0733]三千院
[0734]志明院
[0735]円爾
[0736]月鉾
[0737]傍花閣
[0738]酬恩庵
[0739]細川勝元
[0740]秋里籬島
[0741]城陽市
[0742]不二山
[0743]浄蔵(浄蔵貴所)
[0744]鈴鹿
[0745]神功皇后
[0746]妙覚寺
[0747]宗旦狐
[0748]西郷従道
[0749]足利義満
[0750]山名持豊山名宗全
[0751]走井餅
[0752]牧野省三
[0753]8個のつなぎ団子に甲の字
[0754]空海
[0755]桂宮
[0756]裏松固禅
[0757]上賀茂
[0758]海北友雪
[0759]猛霊
[0760]京象嵌
[0761]祇園新橋
[0762]妙傳寺
[0763]太鼓望楼
[0764]本法寺
[0765]伊根浦
[0766]鷹司家
[0767]高遊外
[0768]検非違使
[0769]海住山寺
[0770]二帖半敷町
[0771]新宮凉庭
[0772]赦免地踊
[0773]崇徳上皇
[0774]慶光天皇
[0775]藤戸石
[0776]ゑんま堂大念仏狂言
[0777]北野天満宮
[0778]佛光寺
[0779]御玄猪
[0780]北小路
[0781]植治
[0782]八条宮智仁
[0783]徒然草
[0784]花街総見
[0785]京都仙洞御所
[0786]長刀鉾
[0787]高雄曼荼羅
[0788]紫衣事件
[0789]赤山禅院
[0790]弁慶石
[0791]高松神明神社
[0792]片山家
[0793]琳派
[0794]烏相撲
[0795]御堂関白記
[0796]おため
[0797]嫁隠し
[0798]古義堂
[0799]山城の国一揆
[0800]秦忌寸都理

目次に戻る

京都検定1級用語集 百本ノック 0601~0700

[0601]松尾大社の境外摂社である【月読神社】には「安産石」とも呼ばれる【 】があり、【神功皇后】が出産の際、この石で腹をなでて安産したとされる。(2011)(2016)
[0602]頭を柊にさして門口に立てると魔よけになるとも言われ、節分に食べる魚は【 】である。(2007)
[0603]萬福寺は明朝末期頃の様式で建てられており、法堂などに見られる高欄(勾欄)の意匠を【 】という。※法隆寺などにもあり。(2022)
[0604]明治5(1872)年に京都博覧会の附博覧として披露された「都をどり」を振り付けし、六世片山九郎右衛門と結婚して京舞能楽の交流を深めたのは【 】である。※四世は八世片山九郎右衛門と結婚。(2013)(2016)
[0605]聖徳太子の母である穴穂部【 】(はしうど)皇后は、蘇我氏物部氏の争乱を避けて現在の京丹後市丹後町に逃れたが、乱が収まった後、都に戻る際に自らの名を贈ったところ、里人は皇后の名をそのまま地名にするのはおそれ多いとして、皇后の退座にちなみ、【 】と書いて「たいざ」と読むことにしたとされる。(2021)
[0606]平重盛邸であった「小松殿」の遺構ともいわれる庭園で、江戸時代には妙法院の所有となったものを【 】という。※現在はホテルの付属庭園。(2017)
[0607]豊臣秀吉によって造られた土塁は【御 】と呼ばれ、軍事目的や治水目的のほか、洛中と洛外を分ける役割もあった。(2005)(2008)
[0608]京都国立博物館の明治古都館を設計したのは【 】である。(2019)
[0609]明治24年に完成した蹴上発電所の電力で運転を始めた傾斜鉄道は【 】と呼ばれた。(2009)
[0610]【奈良屋】の屋号で創業した呉服商の【 家】は、京都市内に現存する最大規模の京町家住宅である。※2011年に重要文化財指定。(2005)
[0611]親鸞の死後、聖人の教えに反する多くの異説が現れたのを嘆き、弟子の唯円が書いたとされるのは【 】である。
[0612]妙心寺塔頭の【退蔵院】が所蔵する国宝の「瓢鮎図」を描いたのは【 】である。(2011)
[0613]二条城の障壁画・襖絵を描いた画派を【 】という。(2011)
[0614]5月5日に下鴨神社で行われる神事を【 】という。(2020)
[0615]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、刺繡は【 】である。(2006)
[0616]【東福門院(和子)】の女御御殿として使用されていたとされる建物が移築されたのが大覚寺の【 】である。(2018)
[0617]妙心寺塔頭【退蔵院】にある如拙が描いた国宝の水墨画を【 】という。(2006)
[0618]後水尾天皇八条宮智忠親王らと親交があり、随筆『にぎはひ草』を書いた京都の豪商・文人は【 】である。(2012)
[0619]西国三十三所のうち、第19番札所は【 】である。(2007)/「都七福神まいり」の社寺のうち、寿老神をまつるのは【 】である。(2010)
[0620]空海藤原三守の邸宅を譲り受けて設置した学校を【 】という。(2022)
[0621]法然親鸞流罪となった【建永の法難(承元の法難)】は、後鳥羽上皇の女御であった【 】と【 】が法然の弟子の住蓮と安楽のもとに出家してきたことがきっかけであった。(2016)
[0622]祇園甲部の始業式は、京舞井上流家元による【 】の舞で締めくくられる。(2010)(2022)
[0623]「夜泣き止め松」は、【 】5世の日諦上人の伝承に由来する。(2015)
[0624]「応仁の乱勃発地」の石標が建つ神社は【 】である。(2006)(2008)
[0625]御土居の西南に設けられた都への出入口は、JR山陰本線【 】駅としてその名が残っている。(2016)
[0626]多くの京町家に見られる建築構造で、外壁面に柱が露出しているものを【 】という。(2015)
[0627]2011年は法然上人の【 年】の遠忌であった。(2011)
[0628]5月の満月の夜、全山に灯明を灯し参列者が灯明を持って本尊に世界の救済を祈念する鞍馬寺の行事を【 】という。(2020)
[0629]天神川は北区鷹峯に源を発し、北野天満宮の付近から上流を【 川】と呼び、下流を天神川と呼ぶことが一般的であるが、その名称は平安時代の図書寮の別称【 院】に由来する。(2020)
[0630]日本初の両切たばこの製造・販売を行い「煙草王」と呼ばれた人物で、東山にロココ様式を取り入れた【長楽館】を建てたのは【 】である。※紙巻たばこは両切と口付があった。(2016)/比叡山開創1150年を記念して設けられた延暦寺の大書院は、【 】の邸宅を移築したものである。※武田五一設計、東京から移築。(2022)
[0631]蓮台野の入口にあたるとされる【引接寺】があるのは【 町】である。(2019)
[0632]上賀茂神社境内で御物忌川と御手洗川が合流し【 川】となるが、ここで行われる夏越大祓の情景を詠んで小倉百人一首に選ばれたのが【藤原家隆】の和歌である。(2014)
[0633]「都七福神まいり」の社寺のうち、布袋尊をまつるのは【 】である。(2010)
[0634]京狩野の祖とされる【 】は、大覚寺宸殿の襖絵である重要文化財の「牡丹図」と「紅白梅図」を描いた。(2009)(2012)
[0635]祇園祭山鉾巡行で後祭の6番目を務めるのは【 】である。※後祭復活前は最後尾だった。(2005)(2008)
[0636]京都御苑内の九條邸跡には、拾翠亭という茶室や【 】という邸内社が残る。(2018)
[0637]日本最古の紀年銘を持ち「黄鐘調の鐘」と呼ばれる国宝の梵鐘は【 】にあるが、この寺院は固い経済基盤を持つことから「算盤面」ともいわれる。※黄鐘調はピアノの「ラ」音。(2007)/明智風呂と呼ばれる浴室がある寺院は【 】である。(2019)
[0638]「春はあけぼの」で始まる平安時代の随筆は【 】である。(2006)(2007)
[0639]推古2(594)年に聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔うため建立した寺院で、聖徳太子の乳母であった玉照姫が初代住持と伝わるのは【 】である。(2021)
[0640]三すくみのジャンケンで勝ち負けを競う「拳」は、お茶屋の代表的な遊びの一つであるが、浄瑠璃の『国姓爺合戦』にちなむ拳を【 】という。(2020)
[0641]下鴨神社の摂社で、鴨長明と関係が深いのは【 】である。(2020)
[0642]平安遷都を行った天皇で、平安神宮の祭神でもあるのは【 】である。(2005)
[0643]多田源氏の祖となった源満仲の子で、藤原道長に仕えた【 】は、大江山の鬼退治の伝説でも知られる。(2007)
[0644]泉涌寺にある重要文化財の「聖観音像」は、玄宗皇帝が寵妃の面影を写させたとの伝承を生み、江戸時代初め頃から【 】と呼ばれている。(2009)
[0645]法然らが後鳥羽上皇の怒りに触れて流罪となった事件を【 】という。(2011)
[0646]途中峠を経由する若狭街道と都の接続点は【 口】で、付近の町名にその名が残る。(2016)
[0647]今宮神社の境内社のうち、織物の祖神をまつるのは【 】である。(2015)
[0648]法然の教えの核心は【 】である。(2011)
[0649]永観堂が建立される以前にこの地に住み、「奥山の 岩垣紅葉 散りぬべし、照る日の光 見る時なくて」(『古今和歌集』)と詠んだのは【 】である。(2009)
[0650]12月の第1土曜日、広沢池の水を抜いて鯉などを収穫する冬の風物詩を【 】という。(2012)
[0651]下鴨神社上賀茂神社の最近の式年遷宮は、【 年】に行われた。(2008)
[0652]琵琶湖疎水の建設工事中に行われたアメリカ視察がきっかけとなり、【 】の実用化を図ることになった。※視察したのは田邉朔郎と高木文平。(2007)
[0653]5月5日の藤森祭(深草祭)で奉納される神事を【 】という。(2014)
[0654]蓮華寺は、加賀藩家老の今枝民部近義が再興したとされているが、この再興に石川丈山狩野探幽らとともに協力した朱子学者は【 】である。(2005)
[0655]6棟の建物からなる二条城の国宝の建物群を【 】という。(2011)
[0656]俵屋宗達が描いた「牛図」や俵屋宗達の墓があるのは【 】である。(2015)
[0657]梨木神社には、物理学者の【湯川秀樹】や『雨月物語』を書いた【 】の歌を刻んだ石碑がある。(2011)
[0658]本阿弥光悦の書と俵屋宗達の挿絵からなる嵯峨本を出版した豪商は【 】である。(2014)/高瀬川は、角倉了以とその子【 】によって開削された。(2020)
[0659]天皇の代理で伊勢神宮に仕える斎王が伊勢へ行く前に身を清めた場所で、源氏物語の舞台ともなったのは【 神社】である。(2005)
[0660]不審庵は、もともと利休の屋敷にあった茶室で、大徳寺第117世の【 】が「不審花開今日春」という禅語からつけたとされる。(2022)
[0661]西国三十三所のうち、第18番札所は【 】である。(2007)/池坊家元が代々住職を務める六角堂の寺号は【 】である。(2014)
[0662]後に第2代京都府知事となった槇村正直は、明治3(1870)年に明石博高を中心に【 】を開設し、石鹸・ラムネ・ビールなどの製造や技術指導を行った。(2005)(200))(2022)
[0663]上賀茂神社の正式名称は【 】である。(2008)(2010)
[0664]東寺にある建築物のうち、最初に国宝指定された建物は【 】である。※蓮花門、金堂、大師堂(西院御影堂)、観智院客殿も国宝。(2006)
[0665]観世流宗家が江戸に移った後、京観世五軒家が師範を務め、町衆の間で流行した習い事を【 】という。(2015)
[0666]大徳寺塔頭のうち、細川忠興(三斎)が父藤孝(幽斎)の菩提所として創建し、茶室松向軒があるのは【 】である。(2006)
[0667]平安神宮の正面の神門を【 】という。(2020)
[0668]南丹市美山町にある重要文化財の古民家で、慶安3(1650)年建築の最古の農家は【 】である。(2019)
[0669]南座の顔見世のまねき看板に出演者の名前が墨書される書体を【 】という。(2006)(2010)(2012)
[0670]慶長9(1604)年に江戸幕府が設けた制度で、生糸の輸入業を京都などの主要都市の商人集団に制限したものを【 】という。(2018)
[0671]『広辞苑』の編纂者として知られ、北区小山中溝町に旧宅が残るのは【 】である。(2019)
[0672]平等院には、源頼政が自害した場所といわれる【 】があり、最勝院内には頼政の墓がある。(2014)
[0673]山内容堂名での大政奉還建白書の提出を主導した土佐藩士は【 】である。(2017)
[0674]天寧寺の山門は、【 】とも呼ばれている。(2014)
[0675]「くじ取らず」の山鉾のうち、前祭の21番は【 】である。(2008)/2023年に与謝蕪村の「琴棋書画図」を下絵に刺繡を施した下水引を244年ぶりに復元新調したのは【 】である。(2023)
[0676]元伊勢と称する籠神社の本殿の建築様式は、伊勢神宮と同じ【 】である。(2019)
[0677]『雍州府志』にも記録され、辛味がないことから「甘長」と呼ばれたり、市場で「青ト」の愛称で親しまれている京の伝統野菜は【 】である。(2010)
[0678]舞妓が9月に挿す花簪は【 】である。(2005)
[0679]東本願寺に伝わる「坂東本」と呼ばれる国宝の親鸞自筆の書物は【 】である。※京都国立博物館に寄託。(2007)
[0680]千利休は、茶頭として織田信長や【 】に仕えた。(2006)
[0681]千本三条の交差点から南東方向に続く道路は【 通】である。(2019)
[0682]自らは仕官しなかったが3人の息子を大名に仕官させ、三千家の基礎を築いたのは【 】である。(2007)
[0683]2003年3月に始まった【京都・東山■■■】は、2022年3月をもって終了した。(2007)
[0684]豊国神社が所蔵する「豊国祭礼図屏風」を描いたのは【 】である。(2021)
[0685]「月はおぼろに東山 かすむ夜ごとのかがり火に 夢もいざよふ紅ざくら しのぶおもひを ふりそでに 祇園恋しや だらりの帯よ」という【祇園小唄】の歌詞を作ったのは【 】である。(2007)(2008)
[0686]本尊が日本三如来の一つに数えられる因幡堂は、高倉天皇により【 】と命名され、また、町堂としても利用されてきた。※残る三如来善光寺清凉寺にある。(2010)/不明門通の名は、この通りに面する【 】の門が常に閉ざされていたことに由来するとされる。(2014)
[0687]仁和寺の再興を支援した将軍は【 】である。(2013)/東寺五重塔は、現存する木造塔として最高の高さで、寛永21(1644)年、【 】によって再建された。(2017)/知恩院の現在の御影堂を建てた将軍は【 】である。(2019)
[0688]片波川源流域には、府指定天然記念物である伏条台杉の群生地があり、その中で最大といわれる通称【 杉】の幹回りは15.2メートル、樹齢は800年を超えるともいわれる。(2021)
[0689]【金閣寺】には、足利義満の盆栽を移植したとされる【 】がある。(2015)
[0690]山城国近江国の国境に設けられた施設で、小倉百人一首では蝉丸と清少納言の和歌に詠まれているものは【 】である。(2016)
[0691]山号を歌中山といい、西郷隆盛月照が密談した郭公亭という茶室があった寺院は【 】である。(2017)(2022)
[0692]亀岡市にある薭田野神社などの4社合同で8月14日に実施される【 】は、国の重要無形民俗文化財に指定されており、神輿巡行、太鼓掛け、灯籠追い、人形浄瑠璃などが行われる。※あとの3社は御霊神社、河阿神社、若宮神社。(2017)
[0693]延暦4年(785)年、長岡京造営の中心人物でもあった藤原種継が暗殺される事件が起こり、これに関与した疑いで【 】は乙訓寺に幽閉された。(2021)
[0694]宇治七名水のうち唯一残っているのは、宇治上神社に湧く【 】である。(2018)
[0695]【池坊専好(2代)】を禁裏の花会に招いた天皇は【 】である。(2014)/退位した後、現在の修学院離宮となる山荘を造営した上皇は【 】である。(2005)
[0696]西国三十三所のうちの第28番札所である【 】は雪舟の【天橋立図】にも描かれている。(2005)(2007)
[0697]後鳥羽上皇が集めた騎馬の武士を表した時代祭行列を【 】といい、平安講社第四社の奉仕によるものである。(2021)
[0698]元治元(1864)年、長州軍と御所を守る薩摩・会津などの幕府軍との戦いは、激戦地となった京都御苑西側の門の名をとって【 】とも呼ばれる。(2012)/松平容保が自ら京都御所を守った戦いは【 】である。(2013)
[0699]京都熊野神社の現在の本殿は、1835年に【 】の本殿を移築したものである。(2017)
[0700]「若しうらゝかなれば、峰によぢのぼりて、はるかにふるさとの空を望み、木幡山、伏見の里、鳥羽、羽束師を見る。勝地は主なければ、心を慰むるにさはりなし。歩み煩ひなく、心遠くいたる時は、これより峰つゞき、炭山を越え、笠取を過ぎて、或は石間にまうで、或は石山を拝む」と書いたのは【 】である。(2007)

[0601]月延石
[0602]鰯
[0603]卍字くずし
[0604]片山春子
[0605]間人
[0606]積翠園
[0607]御土居
[0608]片山東
[0609]インクライン
[0610]杉本家
[0611]歎異抄
[0612]如拙
[0613]狩野派
[0614]歩射神事
[0615]京繍
[0616]宸殿
[0617]瓢鮎図
[0618]灰屋紹益
[0619]革堂行願寺
[0620]綜芸種智院
[0621]松虫・鈴虫
[0622]倭文
[0623]本隆寺
[0624]上御霊神社
[0625]丹波口
[0626]真壁造
[0627]800年
[0628]五月満月祭
[0629]紙屋川/紙屋院
[0630]村井吉兵衛
[0631]閻魔前町
[0632]ならの小川
[0633]萬福寺
[0634]狩野山楽
[0635]南観音山
[0636]厳島神社
[0637]妙心寺
[0638]枕草子
[0639]寂光院
[0640]虎拳
[0641]河合神社
[0642]桓武天皇
[0643]源頼光
[0644]楊貴妃観音
[0645]建永の法難(承元の法難)
[0646]大原口
[0647]織姫社
[0648]「南無阿弥陀仏」の念仏を唱える専修念仏
[0649]藤原関雄
[0650]鯉揚げ
[0651]2015年
[0652]水力発電
[0653]駈馬神事
[0654]木下順庵
[0655]二の丸御殿
[0656]頂妙寺
[0657]上田秋成
[0658]角倉素庵
[0659]野宮神社
[0660]古渓宗陳
[0661]頂法寺
[0662]舎密局
[0663]賀茂別雷神社
[0664]五重塔
[0665]素謡
[0666]高桐院
[0667]応天門
[0668]石田家
[0669]勘亭流
[0670]糸割符制度
[0671]新村出
[0672]扇の芝
[0673]後藤象二郎
[0674]額縁門
[0675]放下鉾
[0676]唯一神明造
[0677]伏見とうがらし
[0678]桔梗
[0679]教行信証
[0680]豊臣秀吉
[0681]後院通
[0682]千宗旦
[0683]京都・東山花灯路
[0684]狩野内膳
[0685]長田幹彦
[0686]平等寺
[0687]徳川家光
[0688]平安杉
[0689]陸舟の松
[0690]逢坂の関
[0691]清閑寺
[0692]佐伯灯籠
[0693]早良親王
[0694]桐原水
[0695]後水尾天皇上皇
[0696]成相寺
[0697]城南流鏑馬
[0698]禁門の変蛤御門の変
[0699]下鴨神社
[0700]鴨長明

目次に戻る

京都検定1級用語集 百本ノック 0501~0600

[0501]江戸時代に和泉流を創始し、宮中への参勤を主として活動しながら尾張徳川家に召し抱えられたのは【 】である。(2016)
[0502]11月1日から10日まで、五花街での最後の踊りの会となる【 】が開催される。(2006)
[0503]平等院宇治川の間にある川沿いの小道を【 】という。(2011)
[0504]西国三十三所のうち、第16番札所は【 】である。(2005)(2007)/能の演目「田村」の題材となった縁起を持つ寺院は【 】である。(2011)
[0505]第3代京都府知事となった北垣国道は、京都・【 】間車道を完成させた。(2009)
[0506]大覚寺が所蔵する重要文化財の太刀で、源頼光が土蜘蛛を切った伝説があるのは【 】である。(2021)
[0507]【長楽寺】の庭園を作庭したとされるのは【 】である。(2019)
[0508]小町寺とも呼ばれる寺院で、小野小町の老衰像や姿見の井戸などがあるのは【 】である。(2012)
[0509]東寺が所蔵する国宝の絵画のうち、密教の教えの真髄を表現するものを【 】という。※他にも国宝絵画あり。(2006)
[0510]人臣として初めて関白に就任し、宇多天皇の時代に「阿衡の紛議」を起こしたのは【 】である。(2019)
[0511]茶の湯で出される菓子のうち、落雁・煎餅・有平糖などの薄茶用のものを干菓子といい、蒸・生菓子などの濃茶用のものを【 】という。(2010)
[0512]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、子どもの身代わりに悪いことを引き受けるものとして用いられたのが始まりとされるものを【 】という。(2006)
[0513]1864年新選組長州藩士らを襲撃したのは、三条小橋近くの旅籠【 】であった。(2010)(2020)
[0514]大正11(1922)年に来日した【 】は、知恩院にある重さ約70トンの鐘の下で、物理学の実験を行った。(2013)
[0515]鞍馬寺は、鑑真の高弟であった【 】が宝亀元(770)年に毘沙門天をまつったことに由来する。(2021)
[0516]世阿弥室町幕府将軍の支援を受けるきっかけとなった公演は【 】で行われた。(2005)/後白河院が創建した【 】は、院御所であった法住持殿の鎮守とされ、また、院お手植えと伝わる大樟は「大樟大権現」と呼ばれ、京都市指定の天然記念物である。(2008)(2021)
[0517]蹴上の【インクライン】の下に、らせん状にレンガを積んでいるトンネルがあり、それを通称【 】という。(2011)
[0518]菅原道真の生涯や怨霊による災いなどを描いた北野天満宮所蔵の国宝の絵巻を【 】という。(2006)
[0519]桓武天皇の父で、三室戸寺を創建したとされる天皇は【 】である。(2019)
[0520]上賀茂神社の本殿と権殿の建築様式は【 】である。※下鴨神社の東本殿と西本殿も同じ。(2010)
[0521]童謡で歌われる源義経と弁慶の決闘の場所は【 】である。(2012)
[0522]京都織物会社本館の建物は、現在、【 】として使用されている。(2009)
[0523]旧明倫小学校の建物は現在、【 】として活用されている。(2019)
[0524]慶長8(1603)年に徳川家康が将軍宣下を受けた場所は【 】である。(2022)
[0525]東寺の門前で売られている名物菓子を【 】という。※東寺との関係は薄い/どら焼は門前では売られていない。(2009)
[0526]後水尾上皇が造営した山荘は【 】である。(2006)
[0527]交差点で山鉾を直角に方向転換させることを【 】という。(2009)
[0528]新選組の総長だった山南敬助の墓があるのは【 】である。※近藤局長や土方副長よりも下位。(2020)
[0529]後白河法皇の臨終仏とされる阿弥陀如来像を本尊とする寺院は【 】である。(2014)
[0530]千家十職のうち、長次郎を祖とする茶碗師は【 家】である。(2008)
[0531]鎌倉幕府との関係を深めて大きな勢力を持ち、東大寺興福寺から一字ずつ取って東福寺を造営した公卿は【 】である。※子の頼経が摂家将軍となったが、晩年は不遇となる。(2006)
[0532]赤松満祐が室町幕府6代将軍【足利義教】を殺害し、幕府軍に討伐された一連の騒動を【 】という。(2014)
[0533]北白川一帯で採れる花崗岩は【白川石】と呼ばれ、京石工芸品に欠かせないもので、石工の卓越した技術は【 】の参道に架かる萬世橋に見ることができる。(2020)
[0534]我が国で最初の官許の花街となった島原には、揚屋建築の【 】が残る。(2011)
[0535]明治34(1901)年に舞鶴鎮守府の初代司令長官となったのは【 】である。(2021)
[0536]世阿弥の能は、現在の【 流】へとつながる。(2005)
[0537]治承4(1180)年、後白河天皇の皇子であった【 】は諸国に平氏打倒の令旨を発したが失敗し、奈良興福寺へ向かう途中で討たれた。(2013)
[0538]「日野薬師」とか「乳薬師」ともいわれる【 寺】は、本尊の薬師如来に安産、授乳のご利益があるとされる。(2011)
[0539]かつて土佐藩邸内にあり、参詣する町人のために藩邸内の通路が確保されていた神社は【 】である。(2022)
[0540]萬福寺で行事や儀式の刻限を報じるために使われる魚の形をした法器を【 】といい、黄檗宗寺院に特有のものである。(2022)
[0541]「京都府立陶板名画の庭」を設計したのは【 】である。(2011)
[0542]黄檗萬福寺を開いた【隠元隆琦】が中国から伝えた精進料理を【 】という。(2009)(2022)
[0543]天然記念物に指定されている九重ザクラは、光厳法皇が創建した【 】にある。※特別天然記念物ではない。※鷹峯にある寺院との混同に注意。(2021)
[0544]『古今和歌集』の撰者の一人で、その仮名序や『土佐日記』を書き、また、三十六歌仙にも数えられたのは【 】である。(2006)(2007)(2023)
[0545]鞍馬寺にある国宝の毘沙門天立像は、【ながめるように■■をかざしている】。(2013)
[0546]「四神相応」の四神について、東西南北の各方位を守護するとされるのは、それぞれ、【 】、【 】、【 】、【 】である。(2009)
[0547]北野天満宮の現在の本殿を造営したのは【 】である。(2012)/片桐且元を奉行として国宝の東寺金堂を再建したのは【 】である。(2018)
[0548]上御霊神社の名物菓子である【 】は、疫病除けの煎餅としてふるまわれたのが起源といわれる。(2005)
[0549]『山州名跡志』によれば、修学院から延暦寺へと続く音羽川沿いの山道は、夕雲が覆い、都から見ると雲が生ずるようなので、【 】と呼ばれた。(2005)(2012)
[0550]後に第2代京都府知事となった槇村正直が行った京都近代化政策の一つは、女性教育機関である【 】の開設である。(2005)
[0551]【平野神社】は桜の名所として有名であるが、重要文化財である本殿の建築様式は【 】あるいは平野造と呼ばれる。(2009)
[0552]桂離宮を賞賛したドイツ人建築家は【 】である。(2008)
[0553]奈良の田村後宮から現在地に移された経過があり、臣籍降下した氏族から尊崇された神社で、【比翼春日造】の本殿があるのは【 】である。(2015)
[0554]矢の根門とも呼ばれる重要文化財の勅使門があるのは【 】である。(2014)
[0555]知恩院の七不思議のうちの「抜け雀」と「三方正面真向きの猫」を描いたのは【 】である。(2023)
[0556]「市屋道場」とか「一夜道場」と呼ばれる寺院で、重要文化財の「遊行上人絵巻」を所蔵するのは【 】である。(2022)
[0557]後白河法皇が造営した院御所を【 】という。(2014)
[0558]太秦初の映画撮影所を開設したのは、俳優の田村高廣・正和・亮の父としても知られる【 】のプロダクションだった。(2021)
[0559]京都出身の実業家で、フランスのリュミエール兄弟から「シネマトグラフ」を買い取り、明治30(1897)年に【元立誠小学校】敷地内で日本初の映画試写を行ったのは【 】である。(2018)
[0560]医者から転じて独自の煎茶道を創案し、その家元として公家や文人煎茶道を流行させ、のちにその喫茶法を『喫茶弁』として出版したのは【 】である。(2009)(2016)
[0561]今尾景年が描いた瑞龍図があるのは、【 】の法堂である。(2013)
[0562]伊藤若冲の実家の家業は【 】である。(2016)
[0563]石清水八幡宮は、貞観元(859)年に南都大安寺の【 】が豊後の宇佐神宮から八幡大神を勧請したのが起源である。(2017)(2021)
[0564]大豆を原材料とし、豆腐と並んで京都を代表する食品は【 】である。(2012)
[0565]知恩院の山内で最も古い建物は【 】である。(2019)
[0566]鳥羽離宮東殿の遺構であり、重要文化財阿弥陀如来坐像があり、本御塔は鳥羽天皇陵となったが焼失、新御塔は近衛天皇陵となっているのは【 】である。(2006)
[0567]豊臣秀吉による都市改造の一つは、【 通】・寺之内通の寺院街の形成である。(2005)
[0568]「荒神口」の名は、【 】という寺院の通称名清荒神」に由来する。(2016)
[0569]祇園祭の粽に付けられる護符には、【牛頭天王】の故事にちなんで【 】と書かれている。(2008)
[0570]建仁寺法堂には、小泉淳作が描いた【 図】がある。(2013)
[0571]銀線を輪郭線に用いた有線七宝を数多く製作して国内外で高く評価された【 】は、帝室技芸員となった。(2015)
[0572]銀閣寺の本堂前の庭園には、白砂を円錐台形にした向月台と、白砂で波紋を表現した【 】がある。(2017)
[0573]キリスト教宣教師として来日したアメリカ人で、同志社大学アーモスト館、大丸ヴィラ、東華菜館を設計したのは【 】である。(2019)
[0574]「迎え鐘」を撞くのは珍皇寺、「送り鐘」を撞くのは【 】である。(2006)(2008)
[0575]観世流宗家が江戸に移った後、京都で観世流の【素謡】の師範を務めた家を総称して【 】という。(2008)
[0576]角倉了以・素庵、伊藤仁斎・東涯らの墓があるのは【 】である。(2016)
[0577]「煙草王」と呼ばれた【村井吉兵衛】が東山に建てた【 】は、ロココ様式を取り入れた洋館で、京都市指定の文化財である。(2008)
[0578]8月7日から10日まで、【 】で陶器祭が行われ、陶器神輿が巡行する。(2008)(2013)
[0579]「谷御所」とも呼ばれ、日光椿など100種類以上の椿がある鹿ケ谷の尼門跡寺院は【 】である。(2006)
[0580]京都の正月のお節料理で「三種」と呼ばれるのは、ごまめ、たたき牛蒡、【 】である。(2009)
[0581]平清盛の母とされる人物で、京都御苑内の【厳島神社】の祭神として宗像三女神とともにまつられているのは【 】である。(2021)
[0582]二条城は将軍上洛の際の居館として築かれたが、【徳川家光】の次に上洛した将軍は【 】である。(2005)
[0583]知恩院が所蔵する絵巻で、宗祖の生涯を描いたものを【 】という。(2019)
[0584]「300年を紡ぐ絹が織り成す【 】回廊」は日本遺産に認定されている。(2017)
[0585]【表千家】を代表する茶室は【 】である。(2006)
[0586]京丹後市丹後町間人の出身で、百三十銀行、南海鉄道、大阪紡績などを設立した【 】は、百三十銀行の破綻整理のため全財産を提供し実業界を引退した。(2020)
[0587]【海住山寺】の五重塔は、【 】の一周忌の供養に際して建てられたものである。(2017)
[0588]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、江戸時代には武士階級に愛用され、明治時代に入ると国民の礼服として広まったものを【 】という。※江戸時代の「びんろうじ染」に代わり、現在は黒浸染と黒引染。(2006)
[0589]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、漆器を【 】という。(2006)(2010)
[0590]東舞東港に近接する見学施設で、その所蔵資料がユネスコ世界記憶遺産に登録されているのは【 】である。(2015)
[0591]「青女の滝」で知られる現在の法金剛院は、【清原夏野】の山荘を寺院に改めて双丘寺となり、のちに天安寺とも称されたが衰微していたところ、1130年に【 】が再興したものである。(2016)
[0592]大文字山を支峰とする山で、かつて三井寺の別院が山中にあったことに由来して名付けられたのは【 】である。(2013)
[0593]安土桃山から江戸初期にかけての京都の豪商で、新たな藍染技法を考案したり江戸幕府の御用呉服商としても活躍したのは【 家】である。(2010)
[0594]一条通沿いの寺院で、花びらが1枚ずつ散る五色の八重散椿があり、「椿寺」とも呼ばれるのは【 】である。※西京区の同名寺院との混同注意。(2016)
[0595]「天神さん」の縁日が行われる日は【毎月■■日】である。(2009)
[0596]浄土庭園の代表例は、木津川市内の【 】の庭園で、史跡・特別名勝に指定されている。※特別史跡ではない。(2012)/京都府内最古の三重塔は【 】にあり、国宝である。(2017)
[0597]東寺は【■■■■寺】とも表記される。※法人名称でもあるが、とはいえ「正式名称」かとなると異論もあり。(2006)
[0598]現在の智積院明王殿は、【 】本堂が移築されたものである。(2017)
[0599]上賀茂神社の社家の出身で、書家として世に出たが、東京永田町にあった「星岡茶寮」の美食家・料理家、陶芸家としても知られたのは【 】である。※星岡茶寮を「開いた」のではない。(2010)(2017)
[0600]寺町通、【 】、麩屋町通富小路通、【 】、堺町通間之町通東洞院通車屋町通烏丸通両替町通、【 】、衣棚通新町通、【 】、西洞院通、小川通、【 】、醒ヶ井通堀川通(2010)

[0501]山脇和泉元宜
[0502]祇園をどり
[0503]あじろぎの道
[0504]清水寺
[0505]宮津
[0506]膝丸
[0507]相阿弥
[0508]補陀洛寺
[0509]両界曼荼羅図(伝真言曼荼羅
[0510]藤原基経
[0511]主菓子
[0512]京人形
[0513]池田屋
[0514]アインシュタイン
[0515]鑑禎
[0516]新熊野神社
[0517]ねじりまんぽ
[0518]北野天神縁起
[0519]光仁天皇
[0520]三間社流造
[0521]五条大橋
[0522]京都大学東南アジア地域研究 研究所
[0523]京都芸術センター
[0524]伏見城
[0525]東寺餅
[0526]修学院離宮
[0527]辻回し
[0528]光縁寺
[0529]長講堂
[0530]楽家
[0531]九条道家
[0532]嘉吉の変(乱)
[0533]北白川天神宮
[0534]角屋
[0535]東郷平八郎
[0536]観世流
[0537]以仁王
[0538]法界寺
[0539]岬神社(土佐稲荷
[0540]開梆
[0541]安藤忠雄
[0542]普茶料理
[0543]常照皇寺
[0544]紀貫之
[0545]ながめるように左手をかざしている
[0546]青竜/白虎/朱雀/玄武
[0547]豊臣秀頼
[0548]唐板
[0549]雲母坂
[0550]女紅場
[0551]比翼春日造
[0552]ブルーノ・タウト
[0553]平野神社
[0554]建仁寺
[0555]狩野信政
[0556]金光寺
[0557]法住寺殿
[0558]阪東妻三郎
[0559]稲畑勝太郎
[0560]小川可進
[0561]南禅寺
[0562]青物問屋
[0563]行教
[0564]ゆば
[0565]勢至堂
[0566]安楽寿院
[0567]寺町通
[0568]護浄院
[0569]蘇民将来之子孫也
[0570]双龍図
[0571]並河靖之
[0572]銀沙灘
[0573]ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
[0574]矢田寺
[0575]京観世五軒家
[0576]二尊院
[0577]長楽館
[0578]五条坂
[0579]霊鑑寺
[0580]数の子
[0581]祇園女御
[0582]徳川家茂
[0583]法然上人絵伝
[0584]丹後ちりめん
[0585]不審菴
[0586]松本重太郎
[0587]貞慶
[0588]京黒紋付染
[0589]京漆器
[0590]舞鶴引揚記念館
[0591]待賢門院
[0592]如意ヶ岳
[0593]茶屋家
[0594]地蔵院
[0595]毎月25日
[0596]浄瑠璃寺
[0597]教王護国寺
[0598]大雲院
[0599]北大路魯山人
[0600]御幸町通柳馬場通室町通釜座通油小路通

目次に戻る

京都検定1級用語集 百本ノック 0401~0500

[0401]「因幡堂縁起」には、【 】が因幡堂(平等寺)を創建した経過や本尊の薬師如来像の来歴が書かれている。(2019)
[0402]丹後地方に伝わる安寿姫と厨子王の説話を題材にした森鴎外の小説は【 】である。(2017)
[0403]三条大橋西詰の南側には『東海道中膝栗毛』の主人公2人の【 】像がある。(2016)
[0404]後醍醐天皇の菩提を弔うために天龍寺を創建するにあたり、その費用調達のための天龍寺船が派遣された当時の中国王朝名を【 】という。(2022)
[0405]明治2年(1869)年に京都御苑内の私邸で創始した漢詩文の私塾「立命館」が時事問題の討論の場となり、後に内閣総理大臣にもなったのは【 】である。(2011)
[0406]龍安寺の茶室・蔵六庵の前には徳川光圀が寄進したとされる手水鉢があり、そこには【 】と書かれている。(2005)(2017)
[0407]嵯峨野の古墳群の中で最大規模の【 】は、この地を本拠とした秦氏一族の統率者を葬ったものといわれる。(2008)
[0408]三千家のうち、千宗旦四男の仙叟宗室に始まり茶室【今日庵】があるのは【 】である。(2006)
[0409]明治10(1877)年、【 】は仙洞御所内で日本初の水素気球を揚げた。(2009)
[0410]北野天満宮の門前茶屋では、餡餅ときな粉餅の2種が名物菓子【 】として販売されている。※長五郎餅との混同注意。(2009)(2013)
[0411]聖徳太子ゆかりの七大寺の一つである広隆寺は、【 】が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立した。(2006)(2021)/世阿弥が書いた『風姿花伝』の序文によれば、聖徳太子の命を受けて申楽を初めて上演したのは【 】である。(2007)
[0412]「遮那王が 背くらべ石を 山に見て わがこころなほ 明日を待つかな」という与謝野鉄幹の歌を刻んだ石碑が立つ寺院は【 】である。(2008)/源義経が牛若丸として幼少期を過ごした寺院は【 】である。(2012)
[0413]元和元(1615)年、江戸幕府天皇と公家のあり方を定める【 】を制定した。(2007)
[0414]12月7~8日、大報恩寺千本釈迦堂)では無病息災を願う【 】が行われる。※有償。(2012)
[0415]畳んでも上端が広がる京扇子で、寺院の儀式などに用いられるものを【 】という。(2014)(2019)
[0416]「遮那王が 背くらべ石を 山に見て わがこころなほ 明日を待つかな」と詠んだのは【 】である。※鞍馬寺にある歌碑。(2008)
[0417]平安京のモデルとなった中国の都市は【 】である。(2005)
[0418]万治元(1658)年に中川喜雲が刊行した京都初の名所記を【 】という。(2007)(2018)
[0419]小説『山椒大夫』を書いたのは【 】である。(2010)/小説『高瀬舟』を書いたのは【 】である。(2016)
[0420]1月7日に祇園の芸舞妓が一同に会する行事を【 】という。※上七軒は1月9日。(2011)
[0421]冷泉家の邸宅は【 通】に面している。(2017)
[0422]鳥羽法皇崩御直後に【崇徳上皇】方と後白河天皇方が争った戦乱を【 】という。(2020)
[0423]奈良時代に創建され、平安時代に千観内供が中興した寺院で、昭和20年代に一旦廃寺となった後、仏像彫刻家の西村公朝が住職となり復興し、境内に1200体の羅漢像があるのは【 】である。(2021)
[0424]後に第2代京都府知事となった槇村正直が行った京都近代化政策の一つは、産業振興を目的とした【 】の開催である。※内国勧業博覧会との混同に注意。(2005)
[0425]大徳寺塔頭のうち、前田利家の夫人松子が創建し、「京の四閣」の一つとされる【吞湖閣】があるのは【 】である。(2010)
[0426]葵祭斎王代列の女官のうち、馬に乗る巫女を【 】という。(2019)
[0427]祇園祭山鉾巡行で後祭の最後尾を務めるのは【 】であるが、蛤御門の変により焼失して休み鉾となっていた時期がある。(2005)(2008)(2010)
[0428]知恩院の三門楼上には白木の棺が安置され、造営奉行であった【 】夫婦の木像が納められている。※七不思議の一つ。(2017)
[0429]天皇陵に多宝塔があるのは【 天皇】の御陵である。(2017)
[0430]弟とともに護王神社の祭神で、多くの孤児を養育した故事から子育明神としても信仰されているのは【 】である。(2022)
[0431]三千家のうち、千宗旦次男の一翁宗守に始まり、茶室【官休庵】があるのは【 】である。(2006)
[0432]西国三十三所のうち、第15番札所は【 】である。(2007)/医学の先人を顕彰する医聖堂や、日本最古の医書『医心方』の一千年記念碑が立つ泉涌寺塔頭は【 】である。(2018)
[0433]主に洛北の農家の女性が「野菜どうどすえ、おいしおすえ」の呼び声で、大八車に積んだ朝採りの野菜を売りに来ていた販売方法を【 】という。(2020)
[0434]陸軍第16師団司令部庁舎は、現在、【 】となっている。(2009)
[0435]日本三大摩利支天の一つに数えられる建仁寺塔頭寺院で、境内に多くの狛亥がまつられているのは【 】である。(2018)
[0436]大覚寺は、嵯峨天皇離宮であった嵯峨院を寺院に改めたことに始まるが、境内には、中国の洞庭湖を模して造られた【 池】があり、日本三大名月鑑賞地の一つに数えられる。※残り2つは猿沢池石山寺。(2005)(2018)
[0437]「利休七哲」のうちの一人で、利休死後に千少庵を保護し、徳川家康とともに千家の再興に尽力した武将は【 】である。(2022)
[0438]平清盛の【 第】は、『平家物語』に「玉をみがき金銀をちりばめて作られたりし」と表現されたが、都落ちの際に火をかけられて焼失した。(2008)
[0439]【円山公園】の一重白彼岸枝垂桜は「祇園しだれ桜」とも呼ばれるが、その先代の桜と親木が同じとされるのは、井手町内にある【 】のシダレザクラである。(2021)
[0440]明治28(1895)年、京都電気鉄道は東洞院塩小路と伏見【■■■町】の間に我が国最初の路面電車を開業した。(2012)
[0441]鎌倉時代初め、東寺の復興に尽力した僧は【 】である。※神護寺も復興/袈裟御前にも注意。 (2006)
[0442]千宗旦四男の仙叟宗室が出仕した大名家は【 】である。(2005)(2015)
[0443]京都市左京区岡崎で2020年にリニューアルオープンした美術館は【 】である。※京都国立近代美術館も円勝寺町にある。(2020)
[0444]源頼義が六条醒ヶ井に創建した後に現在地に移り、陶祖神の椎根津彦命が合祀され「陶器神社」とも呼ばれる神社は【 】で、8月7日から10日まで陶器祭が行われ、8月8日には陶器神輿が巡行する。(2006)(2008)(2023)
[0445]綾部市の【君尾山】にある【 】の【仁王門】は、京都府中北部にある建造物のうちで唯一の国宝である。(2009)
[0446]江戸初期の儒医で、京都地誌の『雍州府志』や年中行事解説書の『日次紀事』などを書いたのは【 】である。(2005)
[0447]京の六地蔵めぐりのうち、鳥羽地蔵をまつるのは【 】である。(2011)
[0448]冷泉家などで行われている旧暦7月7日の七夕行事を【 】という。(2012)(2017)(2022)
[0449]黄檗僧高遊外(【売茶翁】)は、京都で煎茶の普及に努め、享保19年(1734)、東山に茶亭【 】を設けた。(2011)
[0450]大覚寺にある建物で、歴代天皇の写経が納められているのは【 】である。※般若心経の写経。(2018)
[0451]京都府立図書館や京都市役所本館を設計したのは【 】である。(2006)(2012)
[0452]大原の天台声明の道場に始まる【 】は、融通念仏の宗祖良忍により再興され、薬師・釈迦・阿弥陀の三尊を本尊としている。(2009)
[0453]1997年開業の4代目京都駅ビルを設計したのは【 】である。(2007)
[0454]観世流宗家が江戸に移った後、最初に観世京屋敷の管理と諸用向きを取り仕切った観世ワキ方福王流の家元は【 】である。(2016)
[0455]大覚寺に縁が深い第52代天皇は【 】である。(2018)/空海に東寺を下賜した天皇は【 】である。(2006)(2023)
[0456]唐から伝来した散楽や日本古来の諸芸が交じり合い、後に能や狂言に発展したのは【 】である。(2008)
[0457]大佛次郎の小説『帰郷』では、主人公の守屋恭吾と娘の伴子は【 】の境内で再会する。(2010)/2016年、北山大塔の「相輪」の一部と見られる青銅製の破片が【 】の境内から発掘された。(2017)
[0458]二条城の南にある重要文化財の住宅で、諸大名が宿泊する施設として利用されたのは【 】である。(2022)
[0459]大堰川高瀬川を開削し、嵐山に千光寺を建立したのは【 】である。(2005)(2011)
[0460]孤峯庵、里子、慈念が登場する小説の作者は【 】である。(2007)
[0461]伏見稲荷大社を創建したとされるのは【 】である。(2020)
[0462]最澄が創建し、【円山公園】の名称の由来となった山号を持つ【 】は、後に法然が吉水草庵を営んで専修念仏を広める拠点となった。(2013)
[0463]坂田藤十郎は「傾城仏の原」などの【 】が書いた脚本を演じ、上方歌舞伎の和事芸を創始した。(2006)
[0464]平安神宮が創建されたのは【 年】である。(2005)
[0465]【西芳寺】の庭園にある茶室「湘南亭」は、【 】が建立したものの再建である。(2014)
[0466]「くじ取らず」の山鉾のうち、前祭の5番は【 】である。(2008)
[0467]大徳寺の開山となり、後に「大燈国師」の諡号を贈られたのは【 】である。(2010)
[0468]葵祭の路頭の儀において、女人列の中心となる女性を【 】という。(2008)(2013)
[0469]「モダニズム建築の旗手」と呼ばれ、京都会館(現ロームシアター京都)を設計したのは【 】である。(2010)(2018)
[0470]落語「幽霊飴」では、幽霊の女は【 】の墓地に葬られており、「子を大事」との掛詞的なオチとなっている。(2021)
[0471]三勅祭の一つとされた例祭が9月15日に行われる神社は【 】である。(2007)
[0472]桂離宮に現存する茶屋は、【松琴亭】、【 】、【 】、【 】である。(2008)
[0473]時代祭行列の出発場所は【 】である。※堺町御門。(2011)
[0474]「くじ取らず」の山鉾のうち、前祭の22番は【 】である。(2008)
[0475]近衛家に仕え、西郷隆盛らと交流があったことから「安政の大獄」で処罰されたが、維新後に嵯峨野の直指庵を再興したのは【 】である。(2014)
[0476]8月16日、家庭では【 】を炊いてお供えし、その湯がき汁を門口に撒くと精霊はこの世に未練を残さず冥土に帰ることができるとされる。(2008)
[0477]1661年に萬福寺を開創したのは【 】である。(2022)
[0478]西本願寺の学寮を起源とし、擬洋風建築の本館が残る大学は【 】である。(2020)
[0479]【足利義持】の時代に活躍した画僧で、東福寺の大涅槃図を描いたのは【 】である。(2020)
[0480]「勘亭流」を作った岡崎屋勘六は、江戸時代の公文書の書体となった御家流を学んだといわれるが、その御家流の発祥の寺院は【 】である。(2011)
[0481]時代祭が始まるきっかけとなった行事は【 】である。(2011)
[0482]指定替えで誕生した国定公園で、福知山市舞鶴市宮津市京丹後市伊根町与謝野町にまたがるのは【 】である。(2007)
[0483]舞妓が10月に挿す花簪は【 】である。(2010)
[0484]京の三閣の一つとされる飛雲閣がある西本願寺の庭園を【 】という。(2011)
[0485]時代祭行列の出発前に、京都御所建礼門前で執り行われる祭事を【 】という。(2015)
[0486]京都国立博物館の噴水前にある銅像「考える人」を創作したのは【 】である。※レプリカとはいわない。(2019)
[0487]後水尾法皇実弟の邸宅に貴船の鎮宅霊符神を勧請したことに始まる寺院で、「鎮宅さん」と呼ばれるのは【 】である。(2016)
[0488]豊臣秀吉は、宇治川巨椋池から切り離すために【 】を築き、伏見城に水を引いた。(2007)
[0489]現二条城を造営したのは【 】である。(2011)
[0490]京都御所の正殿を【 】という。(2007)
[0491]【三十三間堂】にある国宝の二十八部衆立像のうち、鳥の顔で背中に羽を持ち笛を吹いているのは【 】である。※清水寺にもあるものは国宝ではない。(2017)
[0492]花街では12月13日から正月の準備を始めるが、京舞【 流】家元の稽古場には「玉椿」の軸が掛けられ、門弟から届けられた鏡餅が飾られる。(2006)
[0493]二条城二の丸御殿遠侍は国宝であるが、その若松の間に描かれた天井画は天井全体が一つの絵画になっており、【 図】という。(2013)
[0494]イタリアにある京都市姉妹都市で、錦市場と友好協定を締結した市場があるのは【 】である。(2022)
[0495]承久の乱後、平氏政権の拠点であった土地を鎌倉幕府が接収し、朝廷の監視や洛中警護などの目的で置いた出先機関を【 】という。(2018)(2021)
[0496]京都市上京区にある三時知恩寺は尼門跡寺院であり、【 】とも呼ばれた。(2020)
[0497]東寺塔頭の【観智院】が所蔵する「鷲の図」と「竹林図」を描いたのは【 】である。(2019)
[0498]知恩院の【瓜生石】には、【 】が降臨して一夜にして瓜が実ったという伝説があり、また、二条城へ続く抜け道の出入口とも言われる。(2016)
[0499]桂離宮の建築様式は【 】である。(2008)
[0500]2005年、落語の祖といわれる【 】の2代目襲名があり、約300年ぶりの大名跡復活となった。※2009年死去。(2005)

[0401]橘行平
[0402]山椒太夫
[0403]弥次喜多
[0404]元
[0405]西園寺公望
[0406]吾唯足知
[0407]蛇塚古墳
[0408]裏千家
[0409]島津源蔵
[0410]粟餅
[0411]秦河勝
[0412]鞍馬寺
[0413]禁中並公家諸法度
[0414]大根焚き
[0415]中啓
[0416]与謝野鉄幹
[0417]長安(城)
[0418]京童
[0419]森鷗外
[0420]始業式
[0421]今出川通
[0422]保元の乱
[0423]愛宕念仏寺
[0424]京都博覧会
[0425]芳春院
[0426]騎女
[0427]大船鉾
[0428]五味金右衛門
[0429]近衛天皇
[0430]和気広虫
[0431]武者小路千家
[0432]今熊野観音寺
[0433]振り売り
[0434]聖母女学院本館
[0435]禅居庵
[0436]大沢池
[0437]蒲生氏郷
[0438]西八条第
[0439]地蔵禅院
[0440]下油掛町
[0441]文覚
[0442]加賀前田家
[0443]京都市京セラ美術館
[0444]若宮八幡宮社
[0445]光明寺
[0446]黒川道祐
[0447]浄禅寺
[0448]乞巧奠
[0449]通仙亭
[0450](勅封)心経殿
[0451]武田五一
[0452]来迎院
[0453]原広司
[0454]服部宗巴
[0455]嵯峨天皇
[0456]猿楽
[0457]金閣寺
[0458]小川家住宅
[0459]角倉了以
[0460]水上勉
[0461]秦伊呂具
[0462]安養寺
[0463]近松門左衛門
[0464]明治28(1895)年 
[0465]千少庵
[0466]函谷鉾
[0467]宗峰妙超
[0468]斎王代
[0469]前川國男
[0470]高台寺
[0471]石清水八幡宮
[0472]賞花亭/笑意軒/月波楼
[0473]京都御所
[0474]岩戸山
[0475]村岡局(津崎矩子)
[0476]あらめ
[0477]隠元隆琦
[0478]龍谷大学
[0479]明兆
[0480]青蓮院
[0481]平安奠都千百年紀念祭
[0482]丹後天橋立大江山国定公園
[0483]菊
[0484]滴翠園
[0485]行在所祭
[0486]ロダン
[0487]閑臥庵
[0488]太閤堤
[0489]徳川家康
[0490]紫宸殿
[0491]迦楼羅
[0492]井上流
[0493]葡萄図
[0494]フィレンツェ
[0495]六波羅探題
[0496]入江御所
[0497]宮本武蔵
[0498]牛頭天王
[0499]数寄屋造
[0500]露の五郎兵衛

目次に戻る