夜光杯雑記帳

小ネタが輝く、万華鏡のようなブログを目指します

京都検定1級用語集 百本ノック 0401~0500

[0401]薩摩出身の実業家・伊集院兼常が造営した別荘は、市田弥一郎が譲り受けた際に【 】と命名されたが、その庭園部分は7代目小川治兵衛によって作り直され、現在は名勝に指定されている。(2020)
[0402]「弘法さん」との縁が深い名物菓子を【 】という。※「門前」では販売されていない。(2009)
[0403]小野小町のもとに通い続けた「百夜通い」伝説の主人公は【 】である。(2016)
[0404]円山応挙の師で、醍醐寺三宝院の障壁画「蘇鉄に孔雀図」を描いたのは【 】である。(2017)
[0405]【近衛信尹】、【松花堂昭乗】とともに寛永の三筆として知られる【 】は、江戸幕府から洛北【鷹峯】に土地を与えられて芸術村をつくった。※その時期を「晩年」と言ってよいか微妙。(2007)
[0406]鳥羽法皇崩御直後、後白河天皇とその兄の【 】が争った戦乱を【 】という。(2014)(2020)
[0407]源氏物語の作者が仕えた一条天皇中宮は【 】である。※清少納言が仕えた人物との混同に注意。(2007)
[0408]【上品蓮台寺】や【醍醐寺】に伝わる国宝の絵画で、釈迦の伝記を絵解きしているものを【 】という。(2008)(2016)
[0409]大国主命の故事にちなみ、境内の大国社の前に石造の狛鼠がある神社は【 】である。※本殿前は狛犬。(2018)
[0410]後鳥羽上皇の勅命により元久2(1205)年に編さんされた【 】は、八代集の一つに数えられる勅撰和歌集である。(2005)(2021)
[0411]徳川家康が慶長8(1603)年に将軍宣下を受けた場所は【 】である。(2022)
[0412]聖武天皇の勅願で良弁が創建した寺院が起源とされ、国宝の五重塔がある【 】は、【都名所図会】に概ね現在と同じ寺観が描かれている。(2005)(2015)
[0413]【池坊専好(2代)】以降の歴代家元の墓碑がある寺院は【 】である。(2019)
[0414]鴨川の上流にあり「京の奥座敷」といわれ、夏の期間に川床料理が味わえるのは【 】である。(2010)
[0415]六波羅蜜寺の「空也上人立像」を作った康勝は【 派】の仏師である。※有名作品だが国宝ではなく重要文化財。(2005)
[0416]「荒神口」の名は、【 】という寺院の通称名清荒神」に由来する。(2016)
[0417]観世流の宗家が江戸に移った後、町衆の間で流行した【①】の師範を務めた家を総称して【②】という。(2008)(2015)/その家名は、【③家】、【④家】、【⑤家】、【⑥家】、【⑦ 家】である。※今も残るのは家名を50音順に並べて最後に来る一家のみ。(2011)
[0418]現在の二条城は、京都御所の守護と将軍上洛の際の【①】とするため、【②】が築城した。(2011)
[0419]東寺の建物のうち、立体曼荼羅があるのは【 】である。(2023)
[0420]祇園の芸舞妓の着付け師を【 】といい、その性的遍歴が題材となったのは、瀬戸内晴美(寂聴)の小説『祇園の男』である。(2021))
[0421]「市屋道場」とか「一夜道場」と呼ばれる寺院で、重要文化財の「遊行上人絵巻」を所蔵するのは【 】である。(2022)
[0422]現在の東寺南大門は、【 】の西門が移築されたものである。(2017)
[0423]平等院鳳凰堂の本尊である国宝の阿弥陀如来坐像は、【 】が寄木造の技法で作ったものである。(2006)(2008)
[0424]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、17世紀には【野々村仁清】や尾形乾山、19世紀には奥田頴川や青木木米などの名工が活躍した陶磁器を【 】という。(2006)(2007)
[0425]寝殿造の庭園に関する現存最古の書物で、橘俊綱が書いたとされるものは【 】である。(2006)(2012)
[0426]足利義政に取り立てられ、作庭分野で名を残したのは【 】である。(2012)
[0427]京町家の小屋根によく設置されるのは、鬼に強いとされる【 】の置物である。(2016)
[0428]京都南座の「吉例顔見世興行」のまねき看板が書かれる場所となっている寺院は【 】である。(2022)
[0429]空海藤原三守の邸宅を譲り受けて設置した学校を【 】という。(2022)
[0430]推古2(594)年に聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔うため建立した寺院で、聖徳太子の乳母であった玉照姫が初代住持と伝わるのは【 】である。(2021)
[0431]後白河法皇の臨終仏とされる阿弥陀如来像を本尊とする寺院は【 】である。(2014)
[0432]お祝いの1割程度を返礼する京都のならわしを【 】という。(2005)(2019)
[0433]徳川家康は伊賀を目指して信楽街道を進み、瀬田道と交わる【①峠】を越え、山城と近江の国境である【②峠】を越えて信楽に入ったといわれる。(2023)
[0434]2005年、落語の祖といわれる【 】の2代目襲名があり、約300年ぶりの大名跡復活となった。※2009年死去。(2005)
[0435]六歌仙三十六歌仙に数えられる歌人のうち、紫野の雲林院と関わりが深いのは【 】である。※三十六歌仙に含まれない六歌仙もいる。(2019)
[0436]国人や農民が協力して畠山氏を排除し、文明17(1485)年から約8年間自治を行ったことを【 】という。(2016)
[0437]東福寺塔頭で、その現存最古の禅宗方丈建築が国宝に指定されているのは【 】である。(2007)(2016)
[0438]キリスト教宣教師として来日したアメリカ人で、同志社大学アーモスト館、大丸ヴィラ、東華菜館を設計したのは【 】である。(2019)
[0439]【須賀神社】の節分祭では、烏帽子水干姿の人物が【 】を売る。(2017)
[0440]銀閣寺にある国宝建造物のうち、付書院や違い棚を備えた四畳半の【同仁斎】があるのは【 】である。※他の国宝建造物は「銀閣」。(2014)
[0441]5月5日に下鴨神社で行われる神事を【 】という。(2020)
[0442]六勝寺のうち、鳥羽天皇御願寺は【 】である。(2020)
[0443]昼は朝廷に仕え、夜は六道珍皇寺の井戸を通って閻魔大王に仕えたという伝説が残る人物は【 】である。(2008)(2014)
[0444]後に天台座主となった尊意が石の上に現れた菅原道真の霊を昇天させ雷雨を鎮めたことから、その石は【 】と名付けられ、現在は水火天満宮にある。(2017)
[0445]東寺に伝わる国宝の古文書群は、京都府立京都学・歴彩館が所蔵しているが、加賀藩前田綱紀が寄進した桐箱に保管されたことから【 】と呼ばれる。(2007)
[0446]四条寺町の御旅所に隣接する八坂神社の境外末社で、商売上の駆け引きの罪などを払う「誓文払い」の神として信仰されている神社は【 】である。(2019)
[0447]現在の宮津市出身で、西洋医学を学んだ後、天保10(1839)年に医学校の順正書院を開設したのは【 】であり、その建物は現在、湯豆腐店となっている。(2019)
[0448]銀閣寺の本堂前の庭園には、白砂を円錐台形にした【①】と、白砂で波紋を表現した【②】がある。(2010)(2017)
[0449]坂本龍馬中岡慎太郎とともに、京都見廻組の襲撃を受けた醤油商の屋号は【 】である。(2009)
[0450]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、絵が中骨と一体ではなく後から取り付けられるのが特徴であるものを【 】という。(2006)(2022)
[0451]8月24日に志古淵神社で行われる念仏踊の奉納行事を【 】という。(2015)
[0452]「風狂の僧」として知られ、応仁・文明の乱で荒廃した大徳寺の住持を務め、酬恩庵に等身大の像があるのは【 】である。(2019)
[0453]醍醐天皇の皇子であった源高明の邸宅の鎮守社を起源とし、後に後白河天皇の里内裏にもなり、真田幸村の「知恵の地蔵尊」があるのは【 】である。(2021)
[0454]大徳寺塔頭【芳春院】にあり、「京の四閣」の一つに数えられる楼閣は【 】である。(2005)
[0455]銀閣寺にある国宝の【東求堂】の中にあり、付書院や違い棚などを持つ四畳半の部屋を【 】という。(2006)(2012)
[0456]京都迎賓館の庭園は、建物と融け合うように配置され、【 】の思想を体現している。(2012)
[0457]「ちぎりをく 花とならびの 丘のへに あはれいくよの 春をすぐさむ」と詠んだのは【 】である。(2008)/「つれづれなるままに」で始まる【徒然草】を書いたのは【 】である。(2018)
[0458]第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品して画名を高めた【 】は、昭和23(1948)年、女性初の文化勲章を受章した。(2008)
[0459]時代祭が始まるきっかけとなった行事は【 】である。(2011)
[0460]明治41(1908)年に押小路通沿いに創建された能楽堂は【 】である。(2018)
[0461]花街では12月13日から正月の準備を始めるが、京舞【 流】家元の稽古場には「玉椿」の軸が掛けられ、門弟から届けられた鏡餅が飾られる。(2006)
[0462]豊臣秀吉は、方広寺大仏殿の建設のために五条大橋を架け替えたが、現在の五条通平安京の【 】に相当する。※当時の五条大橋は現在の松原橋に相当。(2014)
[0463]「イタオミキ」とは【 】を指す言葉である。(2020)
[0464]元和元(1615)年、江戸幕府は、天皇と公家のあり方を定める【 】を制定した。(2007)
[0465]【日野富子】の木像が安置されている尼門跡寺院は【 】である。(2017)
[0466]法然の高弟証空が念仏の道場として再興した寺院は、背後の山容が仏器の形に似ていることから寺名を【 】と改めた。(2020)
[0467]京都府の勧業政策の一つとして花街にも設立され、現在は祇園で芸事や習い事を教えるための法人組織となっているものを【 】という。※学校名は祇園女子技芸学校。(2015)
[0468]明治10(1877)年に仙洞御所内で日本初の水素気球を揚げたのは【 】である。(2009)
[0469]林羅山の生誕地とされる【 町】は、南観音山の山鉾町である。(2020)
[0470]大佛次郎の小説『帰郷』では、主人公の守屋恭吾と娘の伴子は【 】の境内で再会する。(2010)/2016年、北山大塔の「相輪」の一部と見られる青銅製の破片が【 】の境内から発掘された。(2017)
[0471]蓮華寺は、加賀藩家老の今枝民部近義が再興したとされているが、その再興に石川丈山狩野探幽らとともに協力した朱子学者は【 】である。(2005)
[0472]下鴨神社の境内摂社である【河合神社】では、美麗の祈願絵馬として、手鏡の形をした【 】を奉納する。(2013)
[0473]下鴨神社の摂社で、鴨長明と関係が深いのは【 】である。(2020)
[0474]清水寺本堂に代表される懸造(舞台造)は、醍醐寺上醍醐にある国宝の【 】でも見られる。※他の懸造は峰定寺など。(2021)
[0475]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、明治12(1879)年に【広瀬治助】が写し友禅染めの新技法を開発して量産化に成功したのは【 】である。(2006)(2007)
[0476]寛永年間の二条城大改修で現在の本丸西南部に天守閣が設けられた際、当初の天守閣は【 】に移築された。(2015)
[0477]現在の二条城には、徳川家光の時代の拡張工事で造られた国宝の二の丸御殿と、現在の京都御苑の北側部分にあった【 】を明治26(1893)年に移築した重要文化財の本丸御殿が残っている。(2013)
[0478]西国三十三所の第28番札所である【 】は雪舟の【天橋立図】にも描かれている。(2005)(2007)
[0479]天元5(982)年に書かれ、右京の荒廃ぶりを描写しているのは【①】であり、それを書いたのは【②】である。(2018)(2022)
[0480]岩倉具視幽棲旧宅の敷地内にあり、【武田五一】が設計した建物を【 】という。(2013)(2019)
[0481]平安神宮が創建されたのは【 年】である。(2005)
[0482]二条城では、江戸幕府から朝廷に【 】を行う旨の上意下達が諸大名に対して行われた。(2011)
[0483]古嶽宗亘が創建した【 】は、本堂(方丈)が国宝に、書院庭園が史跡及び特別名勝に指定されている。※書院は重文、庭園は名勝。(2015)
[0484]平安時代令外官として設置され、初めは治安警護を担当し、後に民事から行政まで広く関わったのは【 】である。(2023)
[0485]大内裏の正門から南方向へと続いていた大路を【 】という。※朱雀門。(2005)/その大路の南端に位置した平安京の正門を【 】という。(2010)
[0486]幕末に京都所司代や老中を務め、淀藩最後の藩主となったのは【 】である。(2019)
[0487]【宝鏡寺】に立つ人形塚には【 】の歌碑がある。(2012)
[0488]経済産業大臣が指定した京都府内の伝統的工芸品のうち、漆器を【 】という。(2006)(2010)
[0489]知恩院の七不思議のうち、黒門前にある石を【 】という。(2019)
[0490]源氏物語の作者の邸宅跡が境内にあるのは【 】である。(2007)
[0491]初代坂田藤十郎が「伊左衛門」役を演じた歌舞伎の演目は【 】である。(2009)
[0492]応仁の乱が起こった当時の将軍の正室は【 】である。(2008)
[0493]「哲学の道」は、『善の研究』を書いた【 】らが散策したことから名づけられた。(2007)
[0494]白峯神宮にある京都市指定天然記念物の【 】は、【飛鳥井家】の邸宅であった時代の植栽といわれ、樹齢800年ともいわれている。(2021)
[0495]日本海三大古墳の一つで、京丹後市網野町にあり、4世紀末から5世紀初頭に築造された全長約200mの前方後円墳を【 】という。※他の2つは京丹後市丹後町の神明山古墳と与謝野町の蛭子山古墳で、3つとも史跡指定。(2020)
[0496]呉春を祖とする画派を【 】という。(2013)
[0497]千家十職のうち、長次郎を祖とする茶碗師は【 家】である。(2008)
[0498]安土桃山から江戸初期にかけての京都の豪商で、新たな藍染技法を考案したり江戸幕府の御用呉服商としても活躍したのは【 家】である。(2010)
[0499]市比賣神社の湧水で、洛陽の七名水の一つに数えられる【 】は、歴代天皇の産湯に使われたと伝わり、神水を飲んで絵馬に一つだけ願い事を書いて奉納すると叶うとされる。(2022)
[0500]京都国立博物館の明治古都館を設計したのは【 】である。(2019)

[0401]對龍山荘
[0402]どら焼
[0403]深草少将
[0404]石田幽汀
[0405]本阿弥光悦
[0406]①崇徳上皇/②保元の乱
[0407]中宮彰子
[0408]絵因果経
[0409]大豊神社
[0410]新古今和歌集
[0411]伏見城
[0412]海住山寺
[0413]善想寺
[0414]貴船
[0415]慶派
[0416]護浄院
[0417]①素謡/②京観世五軒家/③浅野家/④井上家/⑤岩井家/⑥薗家/⑦林家
[0418]①宿泊所/②徳川家康
[0419]講堂
[0420]男衆
[0421]金光寺
[0422]三十三間堂
[0423]定朝
[0424]京焼・清水焼
[0425]作庭記
[0426]善阿弥
[0427]鐘馗
[0428]妙傳寺
[0429]綜芸種智院
[0430]寂光院
[0431]長講堂
[0432]おため
[0433]①松峠/②裏白峠
[0434]露の五郎兵衛
[0435]僧正遍昭
[0436]山城の国一揆
[0437]龍吟庵
[0438]ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
[0439]懸想文
[0440]東求堂
[0441]歩射神事
[0442]最勝寺
[0443]小野篁
[0444]登天石
[0445]東寺百合文書
[0446]冠者殿社
[0447]新宮凉庭
[0448]①向月台/②銀沙灘
[0449]近江屋
[0450]京うちわ
[0451]久多花笠踊
[0452]一休宗純
[0453]高松神明神社
[0454]呑湖閣
[0455]同仁斎
[0456]庭屋一如
[0457]吉田兼好
[0458]上村松園
[0459]平安奠都千百年紀念祭
[0460]大江能楽堂
[0461]井上流
[0462]六条坊門小路
[0463]酒粕
[0464]禁中並公家諸法度
[0465]宝鏡寺
[0466]三鈷寺
[0467]八坂女紅場学園
[0468]島津源蔵
[0469]百足屋町
[0470]金閣寺
[0471]木下順庵
[0472]鏡絵馬
[0473]河合神社
[0474]清瀧宮拝殿
[0475]京友禅
[0476]淀城
[0477]桂宮
[0478]成相寺
[0479]①池亭記/②慶滋保胤
[0480]対岳文庫
[0481]明治28(1895)年 
[0482]大政奉還
[0483]大仙院
[0484]検非違使
[0485]①朱雀大路/②羅城門
[0486]稲葉正邦
[0487]武者小路実篤
[0488]京漆器
[0489]瓜生石
[0490]蘆山寺
[0491]夕霧名残の正月
[0492]日野富子
[0493]西田幾多郎
[0494]オガタマノキ
[0495]網野銚子山古墳
[0496]四条派
[0497]楽家
[0498]茶屋家
[0499]天之真名井
[0500]片山東

目次に戻る